2021年10月16日(土)
山形新聞ロゴ
[PR]

楽しく~レッツ短歌

>>山形新聞トップ >>楽しく~レッツ短歌>>(5)本紙記者がチャレンジ~題「窓」

楽しく~レッツ短歌
楽しく~レッツ短歌

(5)本紙記者がチャレンジ~題「窓」

2021/6/2 20:14

[PR]
 山形新聞の記者たちが作った短歌を添削します。初心者でも詠みやすいように題を出しました。今回は「窓」になります。

マスク越し吸い込む空気に息つまり一人の部屋で窓開けゆるむ(30代女性)

▼添削例

マスク越し吸い込む空気に息つまり一人の部屋の窓開けはなつ

【評】コロナ禍の日々の息苦しさを、率直に表現して共感できる作品です。下句は、窓を開けることによって心身が楽になる場面ですから、空気を大きく吸い込むイメージで、もっと伸びやかなリズムにしましょう。

連休中寝溜めパソコンぐうたらと午前か午後か窓を見て知る(30代男性)

▼添削例

連休中寝だめしネットしぐうたらと午前か午後か窓を見て知る

【評】下句、まさに連休中の時間感覚ですね。簡潔な、しかしなかなかオリジナルな表現だと思います。ただ、「連休中」「寝溜(ねだ)め」「パソコン」と、並列のように置かれた上句が気になります。添削例を参考に考えてみてください。

[PR]
[PR]
山形百彩

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]