東日本大震災

震災9年、それぞれの再出発[4] 家流され長井移住

2020年03月14日
昨春から山形鉄道の総務部長として働く赤間大志郎さん。新しい仕事に奔走する毎日だ=長井市・フラワー長井線長井駅
昨春から山形鉄道の総務部長として働く赤間大志郎さん。新しい仕事に奔走する毎日だ=長井市・フラワー長井線長井駅
 宮城県名取市閖上(ゆりあげ)地区出身の赤間大志郎さん(51)は、昨年4月からフラワー長井線を運営する山形鉄道(長井市)の総務部長を務めている。経験のない仕事が多く「山あり谷ありの1年。あっという間だった」と振り返り「長井は自分を成長させてくれる新しい舞台」とする。体当たりでチャレンジする日々が続く。

 「あの日」は家ごと津波に流された。海に近い住宅街で、後に犠牲者の鎮魂の場となる日和山まで歩いて数分の場所だった。家はバラバラになったが、父母と共にいた2階の自室部分は大破せず、1キロ以上離れた閖上小近くに流れ着き、辛うじて助かった。

■仮設暮らし
 仮設住宅での暮らしは先が見えなかった。閖上地区には帰れないと思った。そんな時、投函(とうかん)された不動産のチラシに山形県の中古物件を見つけた。父母と相談の上、2012年3月、長井市勧進代に3人で移り住んだ。縁もゆかりもなかったが、「価格が手頃だった」との理由で決めた。

 被災者向けの求人から長井市の結婚定住推進員に応募し、採用された。「新しいことに挑戦する転機だと考えた」と振り返る。出会いの場を提供し、結婚して長井に住んでもらう。人と人をつなぐ仕事はやりがいがあった。4年間務めた後、同市教育委員会の臨時職員となり、学童クラブでの本の読み聞かせの仕事にも挑戦。子どもたちの反応を見ながら読み方を工夫し、面白そうな本を図書館で探した。楽しかった。

 震災前は大手メーカーや外資系企業などで主に経理として働いた。数字とパソコンに向かい、人との接点が少なかった。また、仙台市のベッドタウンとして都市化の進む名取市では人付き合いが希薄だった。一方、長井では仕事でも暮らしでも、大勢の人と深く関わる付き合い方を知り、楽しさとやりがいを感じる自分を「発見」できた。

■毎日が勉強
 50歳で迎えた昨年4月、人の縁で結ばれて現職に就いた。それまで鉄道は旅行で利用するくらい。経験のある経理や総務のほか、人事や営業の業務も担う。また新しい仕事だが「毎日が勉強。いい失敗ならたくさんして、次に頑張ろうと思う」と充実した表情を見せる。そして、「よそ者」の目線を大切にし、良い方向に持って行くことも自分の役割ではないかと考えている。

 英語とドイツ語が堪能なため、同社ではインバウンド(海外からの旅行)推進役としても期待されている。駅でバックパッカーを見つけると必ず声を掛ける。欧米やアジアからの旅行者たちは田んぼや白鳥、雪をかぶる山々など日本の原風景や、みそ汁、日本酒などの食に興味を持っていた。

 「私たちが当たり前だと思っていることが『長井って面白い』になる。素のままを見てもらえればいい」 もちろん日本人にも来てもらえるよう長井の魅力をもっと発信したい。新たな挑戦は始まったばかりだ。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から