東日本大震災

祈りの夜をともすキャンドル 酒田で来月11日催し

2020年02月25日
色とりどりのろうをコップに詰め、キャンドルを作る東北公益文科大生=酒田市地域福祉センター
色とりどりのろうをコップに詰め、キャンドルを作る東北公益文科大生=酒田市地域福祉センター
 3月11日に酒田市で開かれる、東日本大震災の被災地復興応援イベント「9年目のキャンドルナイトin中町」で、当日にともすキャンドルを作るワークショップが24日、市地域福祉センターで開かれた。

 参加者は赤、黄、緑といったカラフルなキューブ型のろうを紙コップに詰め、熱したろうを流し込むなどしてキャンドルを制作。コップには「復興は続く」「東北の心は一つ」などのメッセージを書き入れた。東北公益文科大2年で災害復興サークル「チームmoreE(モアィ)」副代表の竹屋翼さん(20)は「当日はメンバー23人全員で参加する。震災の記憶を風化させないよう、後世につなぐのが自分たちの役目だと思う」と力を込めた。

 キャンドルナイトは、同市の生涯学習施設・里仁館や同大などで構成する実行委員会が3月11日午後6時から中町にぎわい健康プラザで開催する。千個以上のキャンドルに加え、イラストや復興を応援する思いを書いた紙で灯籠を作り、一斉に火がともされる。

 キャンドル作りのワークショップは25日午前10時~午後3時にも同センターで開かれる。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から