[東日本大震災]国内外ニュース

被災3県の自治体預金が急減 19年度末、ピークの6割

2020年07月26日 21:02
 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島3県内の銀行店舗に自治体が預ける「公金預金」が急減していることが26日、日銀の調査で分かった。2019年度末は合計1兆9227億円で、震災後のピークである14年度末(3兆717億円)の約6割になった。インフラ整備を中心に復興が進み、国が被災地に支出する交付金や補助金が減ったことなどが理由とみられるが、手元資金の減少が続けば、被災自治体の財政が不安定になる可能性がある。

 国の「復興・創生期間」が20年度で終わる。今後、復興事業で造った公共施設の維持・管理費が大きな負担となりそうだ。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から