>>山形新聞トップ >>やましんSDGsプロジェクト

やましんSDGsプロジェクト

 SDGsとは、2015年の国連サミットで採択された「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
 「誰一人取り残さない」との誓いの下、すべての国連加盟国が取り組むべき17の目標を定めています。
 いわば「人類共通の目標」。
 とは言っても、難しいことではありません。社会を少しでも良くしようと、何か行動を起こせば、その積み重ねがSDGsの実現につながるのです。
 山形新聞社は、SDGsの理念を広く知ってもらい県民運動として展開することを目指して、さまざまな事業を展開しています。山形新聞の紙面に掲載したSDGs関連の話題を紹介します。

SDGsタイトル

山形新聞 SDGs特集

SDGsに取り組むメリットについて理解を深めたセミナー=山形市・遊学館
 SDGs(国連の持続可能な開発目標)推進に向けて県、山形大と共同宣言を行った山形新聞は18日、山形市の遊学館で第2回やましんSDGsセミナーを開いた。三井住友海上経営サポートセンター経営リスクアドバイザーの山田晃司氏が講演し、SDGsは地域に選ばれる企業になるためのキーワードの一つとし、経営に取り込むことでビジネスチャンスになると指摘した。[記事全文]
山形新聞 SDGs特集 記事一覧

県内企業の取り組み

※企業名をクリックすると、その企業のSDGsへの取り組みがご覧になれます。