>>山形新聞トップ >>やましんSDGsプロジェクト

やましんSDGsプロジェクト

 SDGsとは、2015年の国連サミットで採択された「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
 「誰一人取り残さない」との誓いの下、すべての国連加盟国が取り組むべき17の目標を定めています。
 いわば「人類共通の目標」。
 とは言っても、難しいことではありません。社会を少しでも良くしようと、何か行動を起こせば、その積み重ねがSDGsの実現につながるのです。
 山形新聞社は、SDGsの理念を広く知ってもらい県民運動として展開することを目指して、さまざまな事業を展開しています。山形新聞の紙面に掲載したSDGs関連の話題を紹介します。

SDGsタイトル

山形新聞 SDGs特集

山形市のホストタウン相手国タイについて学び、手紙の内容を考える5年生=同市・山形大付属小
 東京五輪・パラリンピックに向け、山形市ホストタウン応援団メンバーとして活動する山形大付属小(同市)5年3組の児童33人が21日、タイの柔道選手に手紙を書く取り組みをスタートさせた。タイについて理解を深め、選手たちへの応援メッセージの内容や山形の魅力発信について考えた。[記事全文]
山形新聞 SDGs特集 記事一覧

企業・団体の取り組み

※企業団体名をクリックすると、その企業団体のSDGsへの取り組みがご覧になれます。