父が亡くなったことを証明できるものはない

山形市 佐藤昭子さん

 佐藤さんの父惣治さんは農業を営んでいた。1944年に徴兵され、フィリピンのルソン島に向かった。翌年、佐藤さんは7歳で父と死別した。遺骨や遺品は戻らず、小さな木箱に入った位牌(いはい)がある中で営まれた葬儀。生還者の姿を伝える報道に触れるたびに「もしかしたら」と願う思いがこみ上げた。終戦記念日は、フィリピンを訪ね、慰霊したいとの気持ちが募る。父が最後にいた場所で祈ることが、本当の供養だと考えている。

(2017年8月13日付、当時79歳)

2020/7/7 08:11
記事・写真などの無断転載を禁じます
戦後75年、言葉を刻む
[PR]

県内ニュース最新一覧

[PR]