戦後75年~言葉を刻む

 ことし、終戦から75年を迎える。昭和、平成、令和と時代が流れ、戦争を体験した方々の肉声に触れる機会が絶えつつある。戦後75年企画として、記者がこれまでに取材してきた戦争体験者たちの声を紹介する「言葉を刻む」を始める。過去の紙面などに改めて光を当て、「あの時代」を見つめ直しながら、戦争と平和について考える。全国の地方紙とも連携する。

戦後75年、言葉を刻む
[PR]