藤沢周平と庄内

【龍を見た男】 善宝寺・貝喰ノ池、加茂

「海の上からみると、丘陵は中腹から上が、笠をかぶったように雲に覆われ、傾いた山肌や、その下の磯にへばりつくように塊っている油戸、今泉の漁村が薄暗く見える。加茂の湊は、海に突き出した荒崎の岬に遮られてみえず、向かいあう獅子岩、地獄岩の端がのぞいているだけだったが、雲はそのあたりにも薄青く影を落としていた。陸を覆う雲の端は、高館山の北までのびている。」

 油戸(あぶらと)の漁師・源四郎と甥(おい)で由良(ゆら)の寅蔵は、舟に乗って鯛(たい)の延縄(はえなわ)漁をしている。腕はいいが、荒っぽい気性の源四郎は、「険しいぎょろ目と無精髭に囲まれた大きなロ」の男である。寅蔵は色白の、いい男だ。漁仕事にもう一つ腰が引けている。一人前の漁師にしようと源四郎が連れてきた。そして、「こら、寅蔵」と源四郎の塩辛声が飛ぶ。

 舞台の加茂(かも)や油戸、由良は今も漁師の町である。海岸沿いを県道が走り、庄内浜きっての景勝地となっている。しけの時など、岩をはむ大波が道路まで押し寄せてくる、荒っぽい海岸だ。

 「男は気性と、金だ」と、自分の男ぶりから割り出して、そう思っている源四郎は、金がたまると山を一つ越した加茂の女郎屋に駆けつける。女房の「おりく」は何も言わない。言えば、すぐに腕力を振るう。

 そのおりくが、「善宝寺さ、一度行ってみねが」と誘う。夜釣りには出る、海が荒れ気味でも舟を出すという源四郎が心配でならない。およそ、恐れというものを知らないからだ。

 大山地区の善宝寺は、龍神さまを守り神にしており、いまも、県内外の漁師が大漁と安全祈願に訪れる名刹である。

「『馬鹿やろめ! 俺は信心なんてものは大嫌えだ。俺は誰の助けも借りねえ。ちゃんと自分の力でやる。よけいだ口叩くな』」

 そして源四郎は、相変わらず加茂の女郎屋へ出かけていく。

 その源四郎が、おりくに誘われて善宝寺に来たのは、寅蔵が海で死んでから一ヵ月近くが経っていた。櫂(かい)を流された寅蔵は、源四郎が止める間もなく海に飛び込み、潮に流されて二度と姿を現さなかった。

 源四郎には、自分が死なせた、という自責の念がある。何より、寅蔵を好いていた「三瀬の娘・ともよ」の、葬式で見せた突き刺すような眼が、源四郎の胸を抉(えぐ)った。おりくの誘いに何となくついて来たのは、心が打ちひしがれていたからだ。

「――何かが、いる。
と思ったのは、おりくの後から歩き出そうとしたときである。源四郎は立ち止まった。自分の顔色が変るのがわかった。池の、青みどろに隠れた深みの底のあたりに、何かがいた。源四郎の二十数年にわたる漁師としての勘が、その気配を掴んでいる。それは魚ではなかった。もっと巨大なものの気配だった。」


 善宝寺の、龍が潜んでいるという「貝喰(かいばみ)ノ池」で、源四郎はその時、初めて恐れを抱いた。

 この池は、立春に「お水取り」が行われる。善宝寺の、ちょうど裏手に当たり、かつて「人面魚」で有名になったところだ。うっそうとした森に囲まれ、神秘的な雰囲気がいまも漂う。

 漁に出た源四郎は、不覚にも霧に巻かれ、海上で方角を失う。潮に流され、源四郎は呟く。「助けてくれ、龍神さま」。その時、源四郎は、巨大な火柱の中を、遠く空に駆けのぼる長大で青黒くうねるものの姿を見た。龍である。

 陸が見え、助かった源四郎の眼には、こらえきれない涙があふれていた。

 作品には、鰯漁(いわしりょう)や鯛の延縄漁、マガレイの一本釣り、ガンブツガレイ釣りなどが出てきて、江戸期の漁の雰囲気を伝えている。荒っぽい漁師の生活も彷彿(ほうふつ)とされ、加茂、油戸、由良、三瀬、浜中の漁師町を源四郎が歩いているような錯覚にとらわれる。そして、粗野ともいえる男の、信心に至るまでの心の変化が切なく、おかしい。

 作品は昭和50年10月5日から「山形新聞」に連載された。藤沢さん48歳。

藤沢周平と庄内 なつかしい風景を探して

[PR]
[PR]