>>山形新聞トップ >>藤沢文学の魅力

藤沢周平と庄内 海坂藩を訪ねる旅  下級武士や市井の庶民を描いた藤沢周平さん(鶴岡市出身)の作品世界は、今でも多くのファンの心をつかんで離しません。その作品の魅力を多角的に紹介します。
続・藤沢周平と庄内 海坂藩の人と風  「続・藤沢周平と庄内」は1998年、本紙に連載したものに加筆し、翌年に発行したものを再録しました。藤沢作品を横断的に見ながら庄内の風土などを紹介し、藤沢さんの作家像などを資料や友人の回想を基に迫る3部構成です。
藤沢周平 没後20年 生誕90年  下級武士や庶民の哀歓を描き、時代・世代を超えて愛されている藤沢周平さん。2017年は没後20年、生誕90年の節目に当たる。識者や作家、ゆかりの人たちからの寄稿などを通して、作品の魅力や藤沢さんの人柄、エピソードなどを紹介します。
没後10年藤沢周平読本  作家高橋義夫さん(山形市)が同じ創作者の視点から作品を鑑賞したほか、早稲田大名誉教授の中村明さん(鶴岡市出身)が表現技法を分析し、山形師範学校(現山形大)時代に同人雑誌で藤沢さんと一緒だった故蒲生芳郎さん(長井市出身)が、藤沢さんとの交流を描いています。
[PR]