明日につなぐ地域医療

 少子高齢化による人口減少と過疎化が地方最大の課題といわれて久しい。社会保障費は増大を続け、逼迫(ひっぱく)する国の財政も次世代までのしかかる問題として横たわり続ける。医療・介護供給体制の再構築が迫られる中、暮らしに欠かせない地域医療を守るには、どのような道があるのだろうか。地域医療連携推進法人の全国トップランナーといわれる日本海ヘルスケアネット(酒田市)の取り組みを掘り下げながら、全国に先んじて高齢化・過疎化が進む本県から、持続可能な地域医療の在り方を問う。
日本海ヘルスケアネット 栗谷義樹代表理事(75)
 団塊の世代全員が75歳以上の後期高齢者になる2025年が目前に迫っている。本県人口は100万人を切ろうとしており、問題を先送りするほど、状況は悪化する。医療機関、人材がこれ以上“自然減少”してから、国・自治体財政がこれ以上悪化してからでは、将来に持続できる医療介護供給体制の構築は困難になる。[記事全文]
[PR]
[PR]
明日につなぐ地域医療~本県から探る在り方

[PR]