県内イベント情報

イベント情報掲載について

新型コロナウイルスの影響によりイベントが中止・延期となる場合があります。
事前に主催者などにお問い合わせください。

2022年10月22日のイベント

<<10月21日のイベント
10月23日のイベント>>

上山 イベント  読書週間イベントトークショー「ポエムの時間 現代詩ってな~に?」は22日(土)午後1時半~3時、市立図書館。県内在住詩人の高啓さん、いとう柚子さん、万里小路譲さんの3人が、現代詩の面白さや表現する意味などについて語り合う。定員40人程度で申し込みが必要。同図書館023(677)0850。 >>
2022年10月14日掲載

村山 アラカルト  北村山視聴覚教育センターの土曜日一般公開は22日(土)午前10時、同センター。映画は「忍たま乱太郎」シリーズから「父のかたきの段」「夏休みがなくなるの段」を上映。プラネタリウムは10月によく見ることのできる星空を解説する。北村山地区在住、在学、在勤者限定。ともに無料で予約優先。同センター0237(53)0695。 >>
2022年10月21日掲載

尾花沢 講座・講演  支え合いの地域づくり市民フォーラム「おばねでずっと暮らす」は22日(土)午後2時~4時半、サルナート。弁護士で公益財団法人さわやか福祉財団会長の堀田力さんが「あなたが主役!そこから広がる支え合い」と題し基調講演する。「支え合う方法はここにある」をテーマとしたパネルディスカッションもある。入場無料。市社会福祉協議会0237(22)
1092。 >>
2022年10月21日掲載

山辺 アラカルト  ニット館すだまりの秋・冬物あったかスタイルは15日(土)~23日(日)、同館。町内の3社がセーターを販売する。時間は午前10時半~午後4時。17日は休館。同館090(6684)8636。 >>
2022年10月14日掲載

大江 募集  県朝日少年自然の家は、三つの体験教室「大人の趣味づくり」の参加者を募集。「美文字&あーと書道講座」は6月7日(火)から3月21日(火)までの毎月第1・3火曜に開催。時間は午前10時半~正午。黒色の習字用筆ペンを持参する。先着20人で受講料は月額3300円。「月山和紙で福猫時計づくり」は6月24日(金)、8月26日(金)の午後1時半~3時半。各日先着8人で受講料は4200円。「ひょうたんの灯り」は8月12日(金)午前10時~正午または午後1時半~午後3時半。小学生以上とその保護者が対象で先着8人。受講料は2770円。いずれも事前に電話などで申し込む。同所0237(62)4125。 >>
2022年5月20日掲載

大石田 講座・講演  町民大学活弁講座は22日(土)午後2時、虹のプラザ。酒田市出身の活動弁士・佐々木亜希子さんが、映画「番場の忠太郎 瞼(まぶた)の母」「チャップリンの消防夫」に巧みな語りとせりふを加える。定員は先着200人。入場料は一般1000円、高校生以下500円。虹のプラザ0237(35)2094。 >>
2022年10月14日掲載

鶴岡 講座・講演  「省エネ住宅基礎講座&見学会in庄内」は22日(土)午後2~4時、鶴岡商工会議所会館。東北芸術工科大建築・環境デザイン学科の三浦秀一教授の講演のほか、住宅メーカーによる事例紹介もある。オンライン参加を含め定員は70人程度。11月5日(土)には鶴岡市内で省エネ住宅の見学会を開く。定員15人。事前申し込みが必要。NPO法人環境ネットやまがた023(679)3340。 >>
2022年10月14日掲載

酒田 イベント  第1回ひとはこ古本市+αINミライニは22日(土)午前9時半~午後3時、酒田駅前交流拠点施設ミライニ。県内外から6店舗が参加し、文学書や歴史書、絵本などの古本市を開く。古道具や昭和の雑貨などの販売もある。入場無料。古本さとう猫やの佐藤さん080(5513)1092。 >>
2022年10月21日掲載

酒田 講座・講演  ウィズ講座「大人のための、今どきの“家庭科”」は22日(土)午後1~3時、市公益研修センター。講師に高木直山形大名誉教授を迎える。大人世代が学んできた家庭科と、今の子どもたちが学んでいる家庭科の違いを解説。家庭での男女共同参画やワークライフバランスの推進を目指す。会場の定員は50人で、オンライン視聴も可能。18日まで市男女共同参画推進センター・ウィズに申し込む。満1歳から就学前を対象とした託児(1人500円)もあり、14日まで受け付ける。ウィズ0234(26)5616。 >>
2022年10月14日掲載

小国 募集  やまがたアルカディア観光局は、11月12日(土)と26日(土)に開催する「つる細工の学校」の参加者を募集。同町の伝統的な民芸品・つる細工を材料の採取から作品制作まで地元の講師から学ぶ。アケビのつる採取から下処理、保存方法など一連の流れを体験する材料採取編は12日午前9時~午後3時、白い森交流センターりふれ集合。果物かごなどを作る作品制作編は26日午前9時~午後4時、水源の郷交流館ほたる。参加料は各日5千円。定員は各10人。両日とも8日前まで同観光局のホームページから申し込む。同観光局0238(88)1831。 >>
2022年10月21日掲載

新庄 体験・教室  英語と絵本の広場は5月から来年3月までの毎月第3日曜日、市立図書館。英語を使った読み聞かせや遊びを楽しむ。無料の催しで対象は年中児から小学校低学年まで。参加は開催日前に電話や図書館カウンターなどで予約する。同館0233(22)2189。 >>
2022年4月15日掲載

最上 募集  赤倉温泉観光協会は、11月6日(日)の午前9時~午後0時半に「わらべ唄の宿湯の原」屋内グラウンドで開く赤倉温泉モルック大会の参加者を募集。モルックは数メートル先のピンに向かって木の棒を投げる新スポーツ。1チーム3人で年齢を問わない。先着12チームで定員になり次第、締め切る。参加費は1チーム2千円。参加者全員にプレゼントを用意する。今月30日まで申し込む。同協会080(1660)4083。 >>
2022年10月14日掲載

【開催中の展示会】

山形
2022年10月18日~2022年10月23日
 沼沢士郎写真展は18日(火)~23日(日)、県芸文美術館。写真歴16年の沼沢さん(山形市)の二科会写真部展入選作と、県内の風景や祭りを捉えた作品など計50点を展示。時間は午前10時~午後5時(23日は午後3時まで)。入場無料。沼沢さん023(624)1990。 >>
2022年10月14日掲載

山形
2022年10月20日~2022年10月23日
 「第20回美銀作品展 アートクレイシルバーの世界へ」は20日(木)~23日(日)、諏訪町1丁目のギャラリー絵遊。県内在住の銀粘土技能認定者によるグループ「美銀」が、アクセサリーなど約200点を展示。時間は午前10時~午後4時(20日は午後1時から)。入場無料。佐藤さん090(6852)2892。 >>
2022年10月14日掲載

東根
2022年10月15日~2022年10月23日
 国画会会員の石塚信雄さん(大石田町)の展示会は15日(土)~23日(日)の午前10時~午後6時(初日は午後2時から、最終日は午後3時まで)、まなびあテラス。国展出品作の油彩画を中心に約60点を紹介する。500号を超える大作もある。入場無料。石塚さん090(6684)3766。 >>
2022年10月14日掲載

山形
2022年10月5日~2022年10月30日
 曼荼羅(まんだら)アーティスト・たなかゆうこさん(山形市)の作品展「ひかりと遊ぶ」は10月5日(水)~30日(日)、長谷堂のぎゃらりーもみ蔵。色とりどりの丸や点を並べて作るペン画「曼荼羅アート」20点を展示する。時間は午前11時~午後2時半。火曜定休。古沢さん090(6850)6600。 >>
2022年9月30日掲載

山形
2022年10月21日~2022年10月30日
 たてやま愉快ななかまたちの作品展は21日(金)~30日(日)、トヨタカローラ山形大野目店ふれあいギャラリー。山形市楯山地区の住民9人が書道、写真、工芸などの作品を展示。時間は午前10時~午後5時半(21日は午後1時から、30日は午後4時まで)。24、25日は休館。入場無料。小田さん070(5479)9090。 >>
2022年10月21日掲載

山辺
2022年10月13日~2022年11月9日
 県埋蔵文化財センター市町村巡回展「発掘された山辺町の遺跡」は13日(木)~11月9日(水)、町ふるさと資料館。町内の根際的場遺跡、山辺南条里遺跡、新館跡の3カ所から出土した土器や石器など約60点を展示。時間は午前9時半~午後4時半(11月1日からは午前10時~午後4時)。月曜と祝日休館。入館料200円(大学生・高校生100円、小中学生50円)。同センター023(672)5301。 >>
2022年10月7日掲載

[PR]

October.2022

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
[PR]