県内イベント情報

イベント情報掲載について

新型コロナウイルスの影響によりイベントが中止・延期となる場合があります。
事前に主催者などにお問い合わせください。

2021年7月31日のイベント

<<7月30日のイベント
8月1日のイベント>>

山形 アラカルト  県産業科学館は28日(水)から全6日間で、小中学生を対象にした夏休み自由研究相談を受け付ける。日程は28日の他、7月が31日(土)、8月は4日(水)、5日(木)、8日(日)、12日(木)。時間は午前10時半~午後2時で、1人30分程度。研究や観察の進め方、まとめ方のヒントを教える。持ち物は研究に必要なものや筆記用具。相談は無料。電話や来館して申し込む。同館023(647)0771。 >>
2021年7月16日掲載

寒河江 イベント  市立図書館30周年記念イベントinサマーは21日(水)~8月25日(水)、同館。自由研究の参考になる本、高校・大学選び、資格取得、勉強法などに役立つ本を紹介する。館内の専用用紙で市イメージキャラクター「チェリン」の塗り絵とお薦めの本を募集する。来館者には、本を10冊借りると本山慈恩寺の仏像をモチーフにした十二神将しおり1枚をプレゼント。リサイクル本のプレゼントもある。同館0237(86)1662。 >>
2021年7月16日掲載

寒河江 アラカルト  学びの里TASSHO(たっしょ)の「手ぶらでバーベキュー」は31日(土)から9月中旬までの土日曜日、同館グラウンド。国産の牛肉と豚肉、ソーセージ、野菜、たれ、炭のセットで1人2500円。道具や皿などは無料で貸し出す。飲み物の持ち込みは自由。時間は午前10時~午後3時。1組4人以上、1日5組限定で、7日前まで予約が必要。同館0237(85)0822。 >>
2021年7月23日掲載

寒河江 アラカルト  NPO法人スペース・アンド・タイム・クリエーションは、指定管理する葉山市民荘で12日(土)から10月17日(日)までの土日曜限定で「天ぷらざるそば」「スイーツ&コーヒー」などを数量限定で販売する。時間は午前11時~午後3時。予約すれば土日曜以外も対応する。グリバーさがえ0237(85)1158。 >>
2021年6月11日掲載

天童 体験・教室  一日集中講座「親子で作ろう 星座のマグカップ」は31日(土)午前10時半~午後0時半、市民プラザ。星座や星の転写紙を貼ってオリジナルのカップを作る。講師はポーセラーツサロンキヲレの木下喜代さん。幼稚園から小学6年生までの子どもと親が対象。受講料1650円、教材費1200円。同プラザ023(654)6200。 >>
2021年7月30日掲載

天童 体験・教室  小学生対象の夏休み限定「子ども書道」は31日(土)午前9時半~11時、市民プラザ。伸びやかに書くことができるよう「つけ」「止め」「はね」の書写の基本を学ぶ。講師は東根市の書道団体「欅墨(こぼく)書院」教授の渡部梅祥さん。受講料1135円。同プラザ023(654)6200。 >>
2021年7月30日掲載

東根 アラカルト  [やまがたおもちゃ病院ひがしね診療所]は31日(土)と8月1日(日)の午前10時~午後3時、まなびあテラス。日本おもちゃ病院協会公認「おもちゃドクター」がおもちゃを無償で修理する。先着順に1日40台まで受け付ける。市民活動支援センター0237(53)0230。 >>
2021年7月16日掲載

尾花沢 募集  市移住推進協議会は、8月8日(日)に開く「おばなざわ夏のオンライン体験ツアー~夏水か日本一の秘密~」の参加者を募集。午前11時から約1時間半のプログラム。シーズンを迎えた尾花沢スイカの収穫や出荷、アユ網漁の様子をオンラインで紹介する。抽選でスイカが当たるアンケート企画も。無料だが、通信費用は参加者負担となる。申し込みは8月6日まで、同市移住支援サイトのホームページから。市定住応援課内の同協議会0237(22)1111。 >>
2021年7月30日掲載

酒田 募集  酒田市民短歌会(大内順会長)は、昨年に続いて紙上開催とする第65回市民短歌大会への出品作を募集。はがきに未発表の新作1首と住所、氏名、電話番号などを明記し、〒998―0878、酒田市こあら2の23の9、大会事務局の浅井真紀子さん宛てに送る。9月1日(水)締め切り(当日消印有効)。共催団体の会員を除き、参加無料。
 短歌結社「黄◎(こうけい)社」の佐藤幹夫運営委員長と大内会長が選者を務める。入選作10首は来年の元日号の市広報紙に掲載するほか、参加者に作品集を郵送する。大内会長0234(23)0526。
◎は奚の右にフルトリ >>
2021年7月30日掲載

長井 募集  市民文化会館は8月6日(金)と11日(水)に開く「ながい子どもアート倶楽部(くらぶ)」の参加者を募集。網とブラシをこすって絵の具を飛ばすスパッタリングなど、美術のさまざまな技法と身近な素材を使って気軽にアートを体験できる。講師は県美術連盟会員の山田義広さん。両日とも午前10時~11時半は小学1、2年生(保護者同伴)、午後1時半~3時は小学3~6年生が対象。汚れてもいい服装で筆記用具を持参する。参加費は材料費込みで1人500円。開催日の3日前まで電話で申し込みが必要で、各回24人(保護者含む)の定員になり次第締め切る。同館0238(84)6051。 >>
2021年7月30日掲載

高畠 イベント  深沼の八坂神社(一戸芳樹宮司)は31日(土)午後8時から約20分間、花火約50発を打ち上げる。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、例大祭(8月1日)の前夜祭を取りやめたことに伴う代替イベントで、新型コロナ収束や豊作、家内安全などの願いを込めて行う。打ち上げ場所は深沼公民館周辺。密を避けるため、観覧席は用意しない。悪天候の場合は中止となる。一戸宮司090(2271)8277。 >>
2021年7月30日掲載

飯豊 イベント  県源流の森の「森林(もり)の学校~森の中はエコパラダイス」は31日(土)と8月1日(日)の午前10時~午後3時半、源流の森センターとその周辺。森と人のつながりやエコを学ぶプログラムで日帰り開催(両日は同じ内容)。森の中を散策し、コップや皿などとして使える葉や樹木などを探す。葉っぱの模様を施したエコバッグや木工クラフトなどを作る。対象は小学生以上(親子参加可)、定員は各日15人で参加費500円。野外活動に適した服装で、マスクや昼食、水筒、雨具など持参。先着順で27日まで申し込む。同センター0238(77)2077。 >>
2021年7月23日掲載

飯豊 イベント  SNOWえっぐフェスティバルは31日(土)正午~午後4時、白川ダム湖岸公園。中津川地区の雪室で保存していた雪を使った高さ3メートル、全長15~20メートルほどの滑り台や、雪上での宝探し、雪玉ストラックアウトなどが楽しめる。このほか、町内外の20団体が出店し、焼きそばやかき氷、冷やしキュウリなどの飲食物や、ガラス小物、ハンドメード作品の販売などもある。入場無料で、雪を使ったアトラクションの参加料は1回100円。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場は県内在住者に限る。中津川地区公民館内の実行委員会事務局0238(77)2020。 >>
2021年7月30日掲載

新庄 募集  県神室少年自然の家(真室川町)は、26日(土)に開く「ふれあいトレッキング」の参加者を募集。当日はJR新庄駅東口に午前7時15分に集合し、市内の杢蔵(もくぞう)山に登る。対象は小学3年以上の子どもと保護者、一般で、参加費は1人300円。定員20人で8~12日に申し込む。同自然の家0233(62)2611。 >>
2021年6月4日掲載

【開催中の展示会】

山形
2021年7月23日~2021年8月1日
 「暮らしの工芸展-やまがたの作家による-」は23日(金)~8月1日(日)、七日町2丁目の恵埜(よしの)画廊。木工、陶芸、漆芸、染め織物の各部門の作家7個人・団体が参加。木皿、陶器のぐい飲み、漆塗りのカップ、柿渋染めの壁飾りなど計約200を展示する。時間は午前10時半~午後6時半で、最終日は午後5時まで。入場は無料。火曜定休。同画廊023(623)3140。 >>
2021年7月23日掲載

長井
2021年7月20日~2021年8月1日
 蒲生洋男絵画展は20日(火)~8月1日(日)の午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで)、ギャラリー停車場(旧長井小第一校舎)。市内在住の蒲生洋男さんは地元の美術団体「創画会」会員で、ギャラリー停車場の会事務局長を務める。新作を含む油彩と水彩を20点ほど展示する。入場無料。26日は休館日。蒲生さん080(2843)7286。 >>
2021年7月16日掲載

長井
2021年7月28日~2021年8月1日
 菊地隆知(りゅうち)版画展は28日(水)~8月1日(日)の午前10時~午後5時(最終日は午後4時半まで)、市民文化会館。2018年11月に亡くなった長井市出身の版画家菊地隆知さんの作品展。同市に寄贈予定の作品の中から新しく寄贈された「あやめ」「樹(月)」などを展示する。入場無料。同館0238(84)6051。 >>
2021年7月23日掲載

新庄
2021年7月30日~2021年8月22日
 「中谷宇吉郎からの手紙~中谷と雪調との関わり」は8月22日(日)まで、雪の里情報館。世界で初めて人工雪を誕生させた故中谷宇吉郎博士の直筆の手紙を初公開するほか、約40年前に新庄に降った雪の結晶のレプリカを観察できる展示品を用意する。入場無料。時間は午前9時~午後5時(月曜休館)。同情報館0233(22)7891。 >>
2021年7月30日掲載

金山
2021年7月9日~2021年8月31日
 親父(おやじ)達の道楽 かねやま旬彩写真展Part2は8月31日(火)まで、マルコの蔵。金山写心倶楽部の会員が撮影した町の風景写真など20点が並ぶ。時間は午前9時~午後5時。小沼さん090(2275)3774。 >>
2021年7月9日掲載

高畠
2021年7月21日~2021年9月12日
 企画展「ひろすけとおに」は21日(水)~9月12日(日)、浜田広介記念館。町出身の童話作家・浜田広介の代表作「泣いた赤おに」の絵本原画や、鬼にまつわる絵本などを展示する。料金は大人500円、高校生、大学生300円、小中学生200円。時間は午前9時~午後5時(最終受け付け同4時半)で、8月9日を除く毎週月曜と8月10日は休館。同館0238(52)3838。 >>
2021年7月16日掲載

[PR]

July.2021

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
[PR]