2019統一地方選
  • 県 議 選
  • 告示:3月29日(金)
  • 投開票:4月7日(日)
  • 市町村議選
  • 告示:4月14日(日)、16日(火)
  • 投開票:4月21日(日)

優秀

後藤優花さん(村山産業高3年)

後藤優花さん

 私は正直、選挙について詳しく知りません。しかし、近年選挙権が20歳から18歳になり、選挙が身近に感じることが多くなりました。私たちのような若者の意見が加わり、国や地域の未来がつくられると考えると重大な任務が任せられていると思います。

 昨年、私は母が投票に行くとのことで、見学気分で会場についていきました。あらかじめ届いた紙を持参し、引き換えに投票用紙をもらい、記入し、投票する。その一連の流れを見て私が思ったことは「この小さな紙一つで未来が決まる」という新鮮な感覚でした。それと同時に、「会場に若い人がいない」ということにも気付きました。もちろん仕事や家事育児で忙しいという理由もあるでしょう。しかし、私が想像してしまうのは、「めんどうくさい」という理由です。投票に行くのがめんどう。誰を選ぶのかを考えるのがめんどう。それほど、投票に関してのイメージはネガティブです。投票率は選挙が行われた際、毎回報じられます。そして、大抵、投票率の低さを強調されることが多いです。これまではなんとなく聞き流してきました。それでは、自分はどうなの?と改めて考えると、行政や国政に対する関心の低さ、知識の乏しさを責められているようで、焦る気持ちになります。

 新聞やテレビニュースだけでなく、インターネットで情報を得ることができるのも今の時代を生きる私たちの特長だと思います。使えるものを使い、私たちの暮らしや地域をより豊かにするために、平等で平和な暮らしを続けるために、「めんどうくさ」がらずに考えなくてはなりません。それに、期日前投票や、不在者投票など、有権者にとって十分に配慮された制度が用意されていることも忘れてはいけません。

 今からでも遅くない。私は、新聞、テレビ、SNS、さらには市報など多くの情報を使い、知識を得、考え、選挙に向き合っていきたいと思います。

→トップにもどる

最優秀

富樫愛さん(酒田二中3年)→全文を表示

優秀

金子萌さん(東桜学館高2年)→全文を表示

後藤優花さん(村山産業高3年)→全文を表示

千秋寛明さん(上山明新館高3年)→全文を表示

松谷忠和さん(米沢市)→全文を表示


文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から