動画ニュース

最新の動画

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 |
蔵王、新緑爽やか (2020年05月30日UP)
 30日の県内は高気圧に覆われて青空が広がり、爽やかな新緑の風景が映えた。

田園散居集落、美しく (2020年05月29日UP)
 快晴となった29日の県内。飯豊町中地区のホトケヤマ展望台(標高330メートル)からは早朝、水を張った田園散居集落に昇る朝日を望むことができ、人々の暮らしと自然が調和した美しい景色が広がった。

出産までの~んびり (2020年05月26日UP)
 妊娠している牛に出産までの時間を伸び伸びと過ごしてもらおうと、米沢市の吾妻(あづま)山ろく放牧場で26日、安全祈願祭と第1回入牧作業が行われた。

長井で住宅火災、焼け跡から男性の遺体 (2020年05月21日UP)
 21日午前2時55分ごろ、長井市横町、無職渡部俊哉さん(57)方から出火、木造2階建ての住宅218平方メートルが全焼し、焼け跡から男性の遺体が見つかった。渡部さんの行方が分からなくなっており、長井署は22日に司法解剖を行い、遺体の身元と死因の特定を進める。

鶴岡の加茂水族館など再開 (2020年05月18日UP)
 新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が本県などで解除され、週明けの平日を迎えた18日、休業していた県内の各施設が感染防止策を講じた上で業務を再開した。新型コロナの収束は道半ばながらも、感染拡大前の日常を取り戻そうとする人々の姿が各地で見られた。

ハナミズキと月山際立つ (2020年05月08日UP)
 8日の県内は高気圧に覆われて快晴となった。各地とも日照時間が長く、爽やかな青空の下、山形市内からは残雪の月山がすっきりと見えた。

木造2階建ての車庫全焼・寒河江 (2020年05月07日UP)
 7日午前0時15分ごろ、寒河江市本町3丁目の車庫から出火、木造2階建て約70平方メートルと車2台が全焼した。

かつてのブドウ園に芝桜満開 (2020年05月07日UP)
 両親が営んだブドウ園の跡地を花畑に-。そんな思いで南陽市赤湯の会社役員大浦智晃さん(62)が同市赤湯の秋葉山(561メートル)に植栽を続けてきた芝桜が満開を迎え、頂上付近の斜面を鮮やかに染め上げた。家族思い出の場所が、市民憩いの場になりつつある。

こどもの日にかわいい「フク」の神 (2020年05月05日UP)
 南陽市宮内の熊野大社に5日、野生のフクロウの雛が姿を見せた。新型コロナウイルスの感染拡大で不安な日々が続く中、関係者は「子どもたちを笑顔にしようと現れてくれたのかも」と、「フク」の神の粋な計らいを喜んでいる。

新緑に映える飯豊連峰 (2020年05月05日UP)
 二十四節気「立夏(りっか)」の5日、県内は高気圧に覆われて快晴となり新緑の風景が際立った。小国町小玉川の飯豊梅花皮荘(かいらぎそう)付近からは緑に映える残雪の飯豊連峰を望むことができた。柔らかい陽光が降り注ぎ白い山肌がくっきり。勢いよく流れる川水の音も心地よく、爽快な空気に満ちていた。