動画ニュース

最新の動画

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 |
県内外4団体、力強い技 (2019年09月16日UP)
 谷地どんがまつりのフィナーレを飾る「第13回全国奴(やっこ)まつり」が16日夕、河北町のどんがホール周辺で開かれ、地元の谷地奴保存会など4団体が伝統の技を披露した。

外国クルーズ船、酒田港に (2019年09月16日UP)
 酒田市の酒田港に16日、外国クルーズ船「MSCスプレンディダ」(パナマ船籍、13万8千トン)が初寄港した。全長約333メートル、全幅38メートルで県内では過去最大。県によると乗客約3400人うち3割はロシアや欧米の旅行者という。

4000の魂、熱く燃ゆ (2019年09月15日UP)
 寒河江市の「寒河江まつり」を締めくくるメインイベント「神輿(みこし)の祭典」が15日夜、同市中心部で繰り広げられた。約4千人の担ぎ手と詰め掛けた大勢の観客が、まつりの最後を熱く盛り上げた。

秋空の下、大鍋「鍋太郎」堂々 (2019年09月15日UP)
 第31回日本一の芋煮会フェスティバルが15日、山形市の馬見ケ崎川河川敷で開かれ、直径6.5メートルの日本一の大鍋「3代目鍋太郎」で豪快に調理した3万5千食が提供された。県内外の家族連れなどが会場を埋め尽くし、秋空の下で山形の味を満喫した。

いにしえの舞い、披露 (2019年09月14日UP)
 河北町の秋祭り「谷地どんがまつり」が14日開幕し、谷地八幡宮(林保彦宮司)の神職を務める林家が門外不出として伝承している、国指定重要無形民俗文化財「林家舞楽」が同八幡宮で披露され、千年以上の間受け継がれてきた舞いに観衆が酔った。

力いっぱい下駄飛ばす (2019年09月14日UP)
 国際下駄(げた)飛ばし選手権大会が14日、上山市民公園で開かれ、市内外の48人が力いっぱい下駄を飛ばして飛距離を競った。

馬上の妙技に歓声 (2019年09月14日UP)
 鎌倉時代から伝わるとされる県指定無形民俗文化財「寒河江八幡宮流鏑馬(やぶさめ)」の奉納が14日、寒河江市の同八幡宮境内で行われ、人馬一体となった妙技に大勢の観客から歓声が上がった。

秋を彩る「全国かかし祭」 (2019年09月13日UP)
 上山市の秋を彩る「第49回かみのやま温泉全国かかし祭」が14日、市民公園を主会場に開幕する。23日までの期間中、48の個人・団体が作った約200体のかかしが展示される。

躍動「阿波おどり」800人 (2019年09月07日UP)
 「みちのく阿波おどり」が7日、山形市香澄町の通称すずらん通りなどで繰り広げられ、県内外の計26団体約800人が、躍動感あふれる踊りを披露しながら繁華街を練り歩いた。

県美展、こども県展が開幕 (2019年08月31日UP)
 第74回県総合美術展(県美展)と第61回県こども絵画展(こども県展)が31日、山形市の山形美術館で開幕した。県美展は出品者の幅広い年齢層と表現方法、若い世代の躍進が新たな風を吹き込み、ことしから入選作数を倍増したこども県展は創造力にあふれる作品が飾られている。両展で計2080点余りが並ぶ会場では、初日から大勢の鑑賞者が県内作家らの感性に触れた。