リモートワーク対応施設メイン画像
リモートワーク対応施設
リモートワーク対応施設メイン画像スマホ
リモートワーク対応施設

KOE no KURA

 JR大石田駅のすぐ近くに、コミュニティスペース「KOE no KURA(こえのくら)」があります。誰でも気軽に立ち寄ることができ、無料でWi-Fiが使えることから、リモートワークの場としても活用されています。

 「外と中をつなぐ交流の場」をコンセプトに、築100年超の土蔵を改装し、休憩スペースやレンタルスペース、移住相談窓口、町内外の人が手づくりの作品などを展示できるレンタルボックスなどを整備しました。大石田駅は銀山温泉の最寄り駅でもあることから、首都圏などから訪れて週末を過ごした人が、列車の待ち時間にパソコンで仕事をする姿がよく見られるとのこと。オンラインイベントも開催しており、サブカルチャーをテーマにした時は多くのアクセスがあったそうです。

 町の地域おこし協力隊員、土田徹奈(ゆきな)さんと龍花怜(くりゅう・かれん)さんは、ここを拠点にイベントを企画したり、町の情報を発信するなど、大石田を元気にするための活動を展開しています。「さまざまな人たちの挑戦を後押ししながら、見本になるようなイベントなどができるよう頑張っていきたい」と意気込みを語ってくれました。

Link
トップへ戻る