談話室

▼▽「後輪がパンクしているぞ」。過日、拙宅を訪ねて来た知人から敷地内に止めていた車の異変を教えられた。地面と接する部分にU字形の金属が刺さっている。破損した滑り止めチェーンの一部を路上で踏んだようだ。

▼▽考えてみるとその前夜、通常とは異なる車体の挙動や振動をわずかに感じていた。圧雪がでこぼこに凍結した悪路の影響とばかり思っていたが、既にその時点で空気が抜けていた可能性がある。買い換えの出費は痛かったが、走行不能にならずに帰宅できたのは幸いだった。

▼▽大雪の今冬、各地でスリップ事故や車輪の空転などによる交通障害が続発している。雪道では足回りが原因のトラブルに特に見舞われやすい。地域の幹線となる道路で大規模な立ち往生が発生すれば、経済や住民生活に影響が及ぶだけでなく、命に関わる事態も起こり得る。

▼▽真冬の雪国を普通タイヤで走る人はいないだろうが、冬タイヤが使用限度を超えて劣化している場合はあろう。溝の深さは十分か、異常な摩耗は見られないかなど、走行前の点検を改めて徹底したい。もう一点、チェーンを装着する際には亀裂などがないかもぜひご確認を。

(2022/01/19付)
[PR]
最新7日分を掲載します。
  • 1月19日
  • ▼▽「後輪がパンクしているぞ」。過日、拙宅を訪ねて来た知人から敷地内に止めていた車の異変を教えられた。地面と接する部分にU字形の金属が刺さっている。破損した滑り止めチェーンの一部を路上で踏んだようだ。 [全文を読む]

  • 1月18日
  • ▼▽水島新司さんの漫画「大甲子園」に高校野球の未来を先取りした場面がある。明訓の主砲山田太郎に相手投手が最速160キロ台の球を投げ込む。現実世界では花巻東の大谷翔平選手が10年前の岩手県大会で成し遂げた。 [全文を読む]

  • 1月17日
  • ▼▽SF小説の草分けといえば19世紀に活躍したジュール・ベルヌである。宇宙や地底などを舞台とした冒険譚(たん)に胸を躍らせた記憶をお持ちの方もおられよう。科学研究が進展してもベルヌが描いた空想世界は色あせない。 [全文を読む]

  • 1月16日
  • ▼▽「コンビニ人間」で芥川賞を受けた村田沙耶香さんに「ギンイロノウタ」という異色の作品がある。主人公は有里(ゆり)という女の子だ。不器用でおとなしいためか学校になじめず、家に帰っても両親の仲は冷え切っている。 [全文を読む]

  • 1月15日
  • ▼▽岸田政権が発足してから3カ月余り。新型コロナ対策を巡り国際線の新規予約停止や18歳以下への給付金などで方針変更が相次いだ。ただ自民党内では「岸田文雄首相の聞く力が発揮された」と評価する声もあるとか。 [全文を読む]

  • 1月14日
  • ▼▽戦後の日本で一時期、電気自動車(EV)が走っていた。石油不足の一方で水力発の電力は結構ある。そんな中で、戦前の立川飛行機から派生した東京電気自動車による「たま」が主にタクシーの需要で重宝された。 [全文を読む]

  • 1月13日
  • ▼▽年末年始辺りからか、拙宅の軒先に氷柱(つらら)ができて日々大きくなった。先日、窓から手を伸ばして取ると根元は骨付き肉くらいボリュームがある。手がかじかむのをこらえ、巻き尺で長さを測ると135センチほどに達した。 [全文を読む]

[PR]