談話室

▼▽朝晩めっきり涼しくなった。地球温暖化の影響で、気象に関する常識が通用しないことが増えた昨今でも「暑さ寒さも彼岸まで」は腑(ふ)に落ちる。空は透明感を増し、風は爽やかに黄金の穂波を起こす。秋は清澄の季節。

▼▽池や川、井戸などの水が清く澄む情景を詠んだ秋の句も多い。〈水澄めりけはひのごとき魚の影〉は新庄市出身の俳人鷹羽狩(たかはしゅ)行(ぎょう)さんの作。はっきりと視認はできなくても水の中に魚の存在を感じることはある。時節を考えれば、川底の石まで見える清流を泳ぐアユだろうか。

▼▽大正時代を代表する俳人の一人村上鬼(き)城(じょう)はこう句作した。〈川澄んで後ろさがりに鮎(あゆ)落つる〉。県内の川でも見られる光景だが、今年はやや様子が違う。7月の豪雨以降、一部河川は濁りが取れない。かつて国土交通省の「清流日本一」になった寒河江川は黄土色のままだ。

▼▽上流の寒河江ダムに流れ込んだ火山灰性の細かな土粒子が原因のよう。2013年の豪雨でも同じような現象が起こり、影響は長期に及んだ。異常気象は時間差で季節の風情も奪う。天然アユの食味を競う大会でも頂点に立ったことがある清流の一日も早い“復旧”を願う。

(2020/09/22付)
最新7日分を掲載します。
  • 9月22日
  • ▼▽朝晩めっきり涼しくなった。地球温暖化の影響で、気象に関する常識が通用しないことが増えた昨今でも「暑さ寒さも彼岸まで」は腑(ふ)に落ちる。空は透明感を増し、風は爽やかに黄金の穂波を起こす。秋は清澄の季節。 [全文を読む]

  • 9月21日
  • ▼▽派手な動きで注目を引くわけではない。だがオーケストラは指揮台の長老に意識を集中し、次の瞬間生き生きとした音楽が流れだす。NHK交響楽団桂冠(けいかん)名誉指揮者のヘルベルト・ブロムシュテットさんの公演である。[全文を読む]

  • 9月20日
  • ▼▽中山町長崎には、かつて最上川舟運の舟着き場があった。船頭たちは近くの小塩でとれた里芋と棒だらを煮て飲み食いし、そばにあった松に鍋をつるしたので、その松は鍋掛松(なべかけまつ)と呼ばれるようになったとの伝説が残る。[全文を読む]

  • 9月19日
  • ▼▽木曽馬籠(まごめ)宿の年寄役小竹金兵衛が本陣の主人青山吉左衛門に声を掛けた。「この山の東の方から光つたものが出て、それが西南(にしみなみ)の方角に飛んだと言ひます。見たものは皆驚いたさうですよ」―。目撃談が山里に広まる。 [全文を読む]

  • 9月18日
  • ▼▽吉行和子さん、冨士真奈美さんに藤田三保子さんといえば女優にして俳句をたしなむ才人である。加えてこの方もいる。映画「転校生」「かもめ食堂」などで存在感を示し、テレビや舞台でも活躍する小林聡美さんだ。 [全文を読む]

  • 9月17日
  • ▼▽政界は一寸先は闇―。さまざまな思惑や策略が交錯し変転著しい政治の世界を端的に表す至言である。予期せぬ事態に伴う政治の転換という意味合いでは、持病再発による安倍晋三前首相の突然の辞任も当てはまろう。 [全文を読む]

  • 9月16日
  • ▼▽悲劇が起きた場所は紀伊大島の東端に立つ樫野埼(かしのざき)灯台近くだった。現在の和歌山県串本町の沖合で1890(明治23)年のきょう、オスマン帝国の軍艦「エルトゥールル号」が台風に遭遇、岩礁にぶつかって沈没した。[全文を読む]

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から