談話室

▼▽「罹患(りかん)率の減少」「重症者死亡者の減少」と評価する一方で「無効なるべし」「認む可(べ)き効なし」と見解は分かれた。「スペイン風邪」で1919~20(大正8~9)年に接種された「ワクチン」の効果の総括である。

▼▽内務省衛生局が後に刊行した報告書「流行性感冒」は当時の実情を記す。インフルエンザのパンデミック(世界的大流行)に際し、政府は国民に接種を奨励する。希望者は激増し「ワクチン」は不足したが、全国で464万人、うち県内では27万5千人が予防接種を受けた。

▼▽新型コロナのワクチン接種に備えて県は「総合本部」を設置した。実施主体の市町村、医師会、医療機関などと連携し、体制整備を急ぐ。3月上旬には医療従事者、同下旬には65歳以上の高齢者と接種の対象を順次広げる。政府は一般の人の接種開始を5月ごろと想定する。

▼▽大正9年2月5日付本紙は、山形市の「注射場」施設が「日々一千名を下らざる盛況」で市民が「黒山の如(ごと)く」押し掛けたと報じる。当時の「ワクチン」の効能には疑問符が付いたが、疫病の猛威を前にして予防接種に寄せられる期待は100年の時を経ても不変のようだ。

(2021/01/21付)
[PR]
最新7日分を掲載します。
  • 1月21日
  • ▼▽「罹患(りかん)率の減少」「重症者死亡者の減少」と評価する一方で「無効なるべし」「認む可(べ)き効なし」と見解は分かれた。「スペイン風邪」で1919~20(大正8~9)年に接種された「ワクチン」の効果の総括である。 [全文を読む]

  • 1月20日
  • ▼▽十分な兵力が確保できず補給も難しい。計画段階からの懸念は的中した。敗戦の前年、日本陸軍が展開したインパール作戦である。ところが戦況が悪化しても上層部は精神論を振りかざす。「断シテ行ヘハ鬼神モ避ク」 [全文を読む]

  • 1月19日
  • ▼▽鳥居は神社の参道入り口に立ち、その神域を示す門である。左右2本の柱の上に笠木(かさぎ)を渡し、その下に柱をつなぐ貫(ぬき)が入る。起源や語源は諸説あるが、一般的には神に供えた鶏の止まり木、すなわち鶏居とされている。 [全文を読む]

  • 1月18日
  • ▼▽週末の休みを利用して軒下に積み上がった落雪を片付ける予定だったが、時ならぬ雨で中止した。豪雪地の比ではないにせよ、放っておけば建物に累が及びかねない状況。結果的には雨のおかげで随分とかさが減った。 [全文を読む]

  • 1月17日
  • ▼▽「芸術に大切なイマジネーションを唯一身に付けることができるのは、子どもの時代」。安野光雅さんは力を込めて語った。2004年、山形美術館の「画家安野光雅の世界展」開幕を控えて取材した際の言葉である。 [全文を読む]

  • 1月16日
  • ▼▽5年間、首席で通し、県立米沢中学を1914(大正3)年に卒業した秀才も試験に難儀した。民法学の泰斗我妻栄(米沢市出身)は生涯で「一番辛(つら)かった」旧制一高の受験を「試験勉強の話」と題した随筆で顧みる。 [全文を読む]

  • 1月15日
  • ▼▽時代劇でおなじみの小石川養生所は8代将軍徳川吉宗が1722(享保7)年、町医者小川笙船(しょうせん)の建言に沿って小石川御薬園(おやくえん)に開設した療養施設である。貧しくて薬を服用できず看病者もいない病人を無料で診察した。 [全文を読む]

[PR]