談話室

▼▽ファンファーレが鳴り響く授賞式でメダルを手にした時の表情は実に晴れやかだった。「すごい人だなと思いました」。晴れ舞台の後、妻久美子さんがしみじみ語った言葉にさすがのノーベル賞受賞者も相好を崩した。

▼▽世界を一変させたスマートフォンなどに使われるリチウムイオン電池を生み出した吉野彰さん。社会の利便性向上に大きく貢献したわけだが、環境問題にも並々ならぬ情熱を傾ける。自動車への応用や他の技術との融合で気候変動対策に生かすのが今後の「責務」とも語る。

▼▽その環境問題、現状はどうか。スペインで開催中の国連気候変動締約国会議(COP25)で途上国から悲痛な声が上がった。地球温暖化が続き海面上昇や干ばつなどの被害に直面する。日本も大型台風の襲来が相次ぐ。しかし米国をはじめ大国の危機感は共有されていない。

▼▽石炭火力発電を続ける日本も肩身が狭い。温暖化対策に後ろ向きとして「化石賞」などを受けてしまい、小泉進次郎環境相もいつもの歯切れの良さが影を潜める。科学者にはノーベル賞、国には化石賞では悔しくないか。環境で科学は一流、政治は二流となってはいけない。

(2019/12/12付)
最新7日分を掲載します。
  • 12月12日
  • ▼▽ファンファーレが鳴り響く授賞式でメダルを手にした時の表情は実に晴れやかだった。「すごい人だなと思いました」。晴れ舞台の後、妻久美子さんがしみじみ語った言葉にさすがのノーベル賞受賞者も相好を崩した。 [全文を読む]

  • 12月11日
  • ▼▽どうしても違和感を覚えてしまう。近年、スポーツ中継でアナウンサーも使うようになった「勝ち切る」の表現である。サッカーだけでなく今年盛り上がったラグビーなどでも使われ、日常的に耳にするようになった。 [全文を読む]

  • 12月10日
  • ▼▽初めて会った方なのに意外なほど会話が弾む。都内で先日、そんな経験をした。地方紙の同業者が集まり、時事問題について政治家らの講演を聴いた後の懇親の場。お相手は南日本新聞(鹿児島県)の論説委員である。[全文を読む]

  • 12月8日
  • ▼▽米沢藩を窮乏から救ったとして名君の誉れ高い上杉鷹山だが、藩政改革は一筋縄ではいかなかった。中でも最大の危機は1773(安永2)年に起きた「七家騒動」である。藩の重臣7人が結託し改革に反旗を翻した。 [全文を読む]

  • 12月7日
  • ▼▽「ハタハタがそろそろじゃないのか」。町奉行の佐伯が尋ねると清左衛門が「みぞれが降るころにならんと、海から上がらぬ」と返す。藤沢周平さん(鶴岡市出身)の小説「三屋清左衛門残日録」の中の一場面である。[全文を読む]

  • 12月6日
  • ▼▽近くを川が流れているのに不毛の地だった。土地より川が5メートルほど低く、水利が悪かったのだ。400年余り前の江戸時代初期、庄内の狩川城主だった北館(きただて)大学助(だいがくのすけ)利長(としなが)はこのような領地をもっと豊かにしようと考えた。 [全文を読む]

  • 12月5日
  • ▼▽若輩記者時代に県の幹部職員から教えられたことを思い出している。条例か規則かは定かでないが文書の一部を指して「これが大事なんだ」と。そこにあったのは「等」の文字。いわく「行政の融通を利かせられる」。 [全文を読む]

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から