社説・コラム

>>山形新聞トップ >>社説・コラム

社説(5月10日更新)

2年ぶり開催の新庄まつり 市民の誇り価値再認識

 新庄まつりが2年ぶりに開催されることになった。規模は今後、新型コロナウイルスに関して県が示す注意・警戒レベルに基づいて判断する。そのガイドラインには、全国各地で祭りやイベントの中止、縮小が相次ぐ中、市民の誇りである祭りを何としても開催するという関係者の強い決意がにじむ。[全文を読む]

談話室(5月10日更新)

▼▽日本人が衣料用繊維として用いてきた三大原料は青苧(あおそ)と生糸、綿である。このうち綿の栽培が広がったのは戦国時代以降となる。綿は保温性に優れていて破れにくいため、武士が戦で着る兵装として需要が急拡大した。 [全文を読む]

[PR]
[PR]