やまがた橋物語

>>山形新聞トップ >>やまがた橋物語 >>内川・新内川編 切添大橋(鶴岡)

内川・新内川編[15]

◆切添大橋(鶴岡)

切添大橋(鶴岡)の写真 内川に架かる橋の中では最長の切添大橋。JR鶴岡駅を利用する高校生たちの通学路ともなっている=鶴岡市宝町

 鶴岡市市街地の北東部・切添町と宝町を結ぶのが切添大橋だ。「大橋」の名にふさわしく、長さは内川に架かる橋の中では最長の約110メートル。近くには鶴岡東高があり、JR鶴岡駅を利用する生徒たちの通学路ともなっている。

 歴史は比較的新しく、1981(昭和56)年の完成。旧鶴岡市が72(同47)年から行っていた東部土地区画整理事業の一環で、改修した内川に架橋工事が進められた。それまで付近には三次郎橋か、現在の上内川橋と切添大橋の間にあった木製の橋しかなく、どちらも車が通れなかった。切添大橋の完成により、鶴岡駅方面と切添町内の距離は大きく縮まった。

 現在は世帯数300戸近い切添町だが、昭和40年ごろは20戸ほどの民家と、水田の中に新田稲荷(いなり)神社があるのみだった。内川が大雨ではんらんすると地区の大部分が水に漬かり、神社周辺の森だけが見えて「まるで松島のような風景だった」と、かつてを知る人は振り返る。

 切添町内会は昭和40年代初め、中古のバスを集会所として使っていた。町内会の前副会長本間次郎さん(77)は「顔を突き合わせるようにわいわい話し合ったものだ」と懐かしむ。その後、世帯数は徐々に増加。本間さんは「橋が完成して生活が便利になったことも影響しているのでは」と話し、「町の姿が変わっても町内の仲が良いのは昔と変わらない」と続けた。

 「切添大橋」の名前決定には切添町町内会からの要望も反映されたという。本間さんは「『私たちの地区にある橋』という思いが込められていると思う」とほほ笑んだ。

2010/05/27掲載
上流へ下流へ
[PR]
[PR]