やまがた橋物語

>>山形新聞トップ >>やまがた橋物語 >>天王川編 木和田橋(米沢)

天王川編[7]

◆木和田橋(米沢)

木和田橋(米沢)の写真 かつては川遊びを楽しむ子どもたちでにぎわった木和田橋=米沢市

 現在は穏やかに流れる天王川だが、かつては大雨が降るたびにはんらんする「荒れ川」だった。河川改修以前は流れが蛇行しており、増水すると未舗装の道や木橋を押し流したという。ただ、豊富な水量は農村の子どもたちに夏の楽しみを与えていた。米沢市竹井の木和田橋(全長63.5メートル、幅6.7メートル)周辺は川遊びをする児童、生徒でにぎわったという。

 「昔は飛び込めるほどの水があった」。上郷コミュニティセンターの事務局長で、近くに住む佐藤武好さん(62)は少年時代を振り返る。田畑が広がる上郷地区。天王川は遊ぶにも涼むにも絶好の場所だった。「当時は学校にプールなんてなかった。海に行く機会もなく、川で泳いだんだ」。泳ぎは上級生に教わり、手づかみで魚を捕まえたという。

 米沢市内にはかつて「七日浴び」という風習があった。諸説あるが、七夕の日の川には薬水が流れるという伝承があり、この水を浴びるため、子どもたちが前夜から岸に泊まり込んだという。佐藤さんも木和田橋沿いで体験した。「木の枝にむしろを取り付けて簡易の小屋を作るんだ」。ジャガイモやトウモロコシを味わいながら、日付が変わるのを待った。

 1970年代から河川改修工事が始まり、流路や護岸が整備された。現在の木和田橋は89年の架設。川がはんらんしたり、大水で橋が流されることはなくなった。

 一方で、水辺で遊ぶ子どもたちの姿も見なくなった。水難事故防止のための学校の指導もあるが、泳いで遊ぶような深さもない。佐藤さんは「あらためて川のことを考えると、時代の変化を感じる」と語った。

2010/08/10掲載
上流へ下流へ
[PR]
[PR]