やまがた橋物語

>>山形新聞トップ >>やまがた橋物語 >>天王川編 川合橋(高畠)

天王川編[13]

◆川合橋(高畠)

川合橋(高畠)の写真 川合橋の一帯にはのどかな風景が広がっている=高畠町

 高畠町佐沢の川合橋は、米沢市長手との境目に近い田園地帯にある。地元住民のほかはあまり通る人もなく、流れる水の音が静かに聞こえるのどかな場所だ。全長61.5メートル、幅2メートルの細長い橋で、1979(昭和54)年にコンクリート・鋼製の永久橋になった。

 この橋は佐沢に農地を持っている長手の農家が、主に農作業の行き帰りに利用しているという。佐沢には長手の農家が所有している土地が1ヘクタールほどあり、そこでは米やホップなどが栽培されている。逆に長手に田畑を持つ佐沢の農家もいる。川沿いは住民の散歩コースにもなっており、犬を連れて歩いたり、ジョギングをする人の姿がしばしば見られる。

 佐沢の農業戸田俊市さん(76)は「幼いころ、近所の友だちとともに川に入って水遊びをした」という。50年ほど前は、川岸にはまだ堤防が整備されておらず、今よりも草が生い茂っていた。橋は木の板を渡しただけの簡素なもので、大雨が降って水量が増えるとよく流されてしまったという。その後つり橋になったものの、戸田さんは「重い荷物を持って歩いたりすると大きく揺れてとても怖かった」と振り返る。

 長手にも田んぼを持つ戸田さんは週2回ほど、農作業のために橋を渡る。「昔は小さくてもろい橋だったけれど、長手の人、佐沢の人のために必要な橋だった。今は橋も岸辺もきれいになってうれしいねえ」。こう話し目を細める戸田さんの姉は、長手に嫁いでいったという。川合橋は高畠と米沢の縁も結んでいた。

2010/08/18掲載
上流へ下流へ
[PR]
[PR]