やまがた橋物語

>>山形新聞トップ >>やまがた橋物語 >>鮭川編 米坂橋(鮭川、戸沢)

鮭川編[12]

◆米坂橋(鮭川、戸沢)

米坂橋(鮭川、戸沢)の写真 鮭川村と戸沢村の境界に架かる米坂橋。写真右側が米地区=戸沢村

 鮭川村と戸沢村の境界に架かる米坂橋。赤い欄干が特徴だが、現在は積雪で半分以上が覆われている。長さは183.1メートル、幅5メートル。1974(昭和49)年3月に完成した。

 橋の名前は、鮭川村の米(よね)地区と戸沢村の松坂地区を結ぶため、1文字ずつ取って米坂橋になった。架設工事に携わった鮭川村の職員によると、両村民の通行が共に便利になるため、境界に架けることで一致。工事は国の補助事業として行われたが、負担金を両村で折半できるメリットもあったという。

 主に利用するのは地元住民だが、行楽で地区外の人たちも橋を渡って訪れる。米地区の山中にある「米湿原」が目的地の一つ。サギソウやトキソウなど貴重な植物が生息する湿原で、住民らが下草刈りなどの整備を行っている。冬季間以外はどの時期に訪れても5、6種類の花が咲いている。

 米地区の阿部清区長(63)は「湿原散策だけでなく、夏はアユ釣り、秋は左岸の河原で芋煮を楽しむなど、橋周辺でにぎわっている様子を見掛ける。県外から足を運んでくれる人も増えてきているようだ」と話している。

2012/01/31掲載
上流へ下流へ
[PR]
[PR]