やまがた橋物語

>>山形新聞トップ >>やまがた橋物語 >>丹生川編 粟生橋(尾花沢)

丹生川編[5]

◆粟生橋(尾花沢)

粟生橋(尾花沢)の写真 主に農家の人たちが行き交う粟生橋。橋付近は釣りスポットでもある=尾花沢市上柳渡戸

 丹生川と銀山川の合流地点から1キロほど下流地点に架かるのが集落名を冠した「粟生(あおう)橋」(全長54メートル、幅5メートル)。赤い欄干の現橋は1975(昭和50)年に完成した永久橋だ。橋の両岸に田畑が広がり、主に農家が行き交う。山に近い静かな場所だが、昭和初期の木橋建設の際には、にぎやかな「土搗(どんづ)き唄」が響き渡った。

 どんづきは、大きな石に10人分ほどの縄を付け、みんなで縄を引っ張って石を持ち上げては落とし、建物などの土台を固める作業。作業者の息を合わせるためにうたった。尾花沢市の徳良湖築堤工事(1921年)の際にうたわれた土搗き唄は、花笠音頭の元唄とされる。

 木橋建設の際も、川底に支柱を打ち込むためどんづきが行われた。粟生集落に住む遠藤ヒデヨさん(83)は親に言われて作業を見に行った。小学校に入学するころのことだ。遠藤さんがどんづきを間近で見たのはその時限りだが、今でも鮮明に覚えている。「粟生に住んでいた女性が土搗き唄の主役を担っていた。その声がとにかく響き渡って美しくびっくりした。実際には大変な作業だろうが、威勢よく楽しそうに働く姿が印象深かった」と懐かしんだ。

 ヒデヨさんの夫の留蔵さん(86)によると、木橋の前は丸太橋で、毎年春から夏にかけて、雪解け水や大雨で川が増水し必ず流された。そのため3月中ごろになると住民が「綱打ち」を行った。わらで作った太い縄で丸太を周囲の立ち木などに縛り付け、洪水に備えたという。留蔵さんは「永久橋の竣工(しゅんこう)式では、橋のたもとにスギの木でアーチを作って渡り初めをした。橋の歴史を振り返ると昔の人の苦労がしのばれる」と話していた。

2009/07/10掲載
上流へ下流へ
[PR]
[PR]