やまがた橋物語

>>山形新聞トップ >>やまがた橋物語 >>日向川編 弥生橋(酒田)

日向川編[3]

◆弥生橋(酒田)

弥生橋(酒田)の写真 日向川を斜めに横断する形で架かる弥生橋=酒田市升田

 酒田市升田と草津をつなぐ弥生橋(やよいばし)は、日向川と前の川の合流点から100メートルほど上流部に架かる。近くには、東北電力の草津発電所があり、かつて両集落を結ぶつり橋があったという。

 現在の橋は、県道升田観音寺線の整備に合わせ、1976(昭和51)年に架け替えられた。全長95.98メートルのコンクリート橋(PC橋)で、車道部分の幅は2車線分で6.25メートル。下流側に幅1.5メートルの歩道がある。

 上流部の升田に住む池田静夫さん(82)は42(昭和17)年から2年間、つり橋を通って上黒川にあった日向小の高等科に通った。「橋の近くに川のよどみがあって、子どものころはよく水遊びをした。イワナやヤマメ、カジカなど、今では考えられないぐらいの数が泳いでいた」と振り返る。

 「つり橋は升田から対岸の草津発電所に通う人のために架けられた」と、旧八幡町議会で議長を務めた村上三喜郎(みきお)さん(81)=升田。当時、日向川左岸の山際を通る道が街道だったが、雪崩や土砂崩れで度々通行止めになった。そのため右岸を通る現在のルートで県道が整備され、新たな橋が架けられたという。

 つり橋に代わって架けられた橋は、今の橋のやや上流にあったが、木製の橋のため何度も洪水で流された。村上さんによると、1950年代の水害を機にコンクリート製の橋脚となり、現在の橋に至っている。橋の名前は完成月の弥生(旧暦3月)に由来しているという。

2011/07/01掲載
上流へ下流へ
[PR]
[PR]