やまがた橋物語

>>山形新聞トップ >>やまがた橋物語 >>村山野川編 舟戸橋(東根)

村山野川編[13]

◆舟戸橋(東根)

舟戸橋(東根)の写真 古くは渡し舟があったという場所に架かる舟戸橋=東根市

 村山野川の橋で最下流にあるのが全長65メートル、幅8メートルの「舟戸(ふなと)橋」。1978(昭和53)年に架設された。橋のそばに住む太田卓司さん(78)によると、今の橋は5代目で先代までは木造橋。橋がある場所は野田地区だが、周辺に舟戸という地名はない。舟戸のいわれをたどると、土地の歴史が浮かび上がった。

 村山野川が合流する最上川は現在、橋から西1.2キロほどの位置を蛇行して流れている。だが太田さんによると、今から百数十年前までは現在の橋の近くまで大きく蛇行して流れていたという。昔の最上川、村山野川の交通は渡し舟。太田さんの先祖は500年ほど前から最上川沿い(現在の橋のそば)に住み、200年ほど前まで代々渡し舟の船頭を務めていた。

 舟着き場があったことから、この地は昭和20年ごろまで「舟渡(ふなと)」と呼ばれた。だが昔の様子を知る人が少なくなるにつれて次第に舟渡という呼び方はなくなり、橋の名称に名残をとどめるだけになった。昔の木造橋の柱には「舟戸橋」と刻まれていたが「舟渡」が「舟戸」になった理由は太田さんも分からないという。

 「最上川舟運が栄えた時代は、野田地区も人の往来が盛んでとても繁栄していたと先祖から聞いた」と太田さん。「昭和20年代ごろまで、橋の通りは周辺地域の主要道で、河北町の谷地どんがまつりがある時には、東根市内から見物に行く人が舟戸橋を絶え間なく渡っていた。すごい行列だったよ」と懐かしそうに語った。

2010/12/06掲載
上流へ村山野川編おわり
[PR]
[PR]