やまがた橋物語

>>山形新聞トップ >>やまがた橋物語 >>月光川編 月光川大橋(遊佐)

月光川編[1]

◆月光川大橋(遊佐)

月光川大橋(遊佐)の写真 白い雪に囲まれて映える月光川大橋=遊佐町吉出

 遊佐町吉出の月光川大橋(長さ135メートル、幅6メートル)は1974(昭和49)年9月に完成した。月光川ダム付近に架かり、川で二分される金俣集落内をつないでいる。冬は赤い橋と白く積もった雪とのコントラストが美しい。

 県河川課などによると、月光川大橋は、月光川ダム(78年完成)の建設前、それまでのつり橋を撤去して架けられた。昨年、赤く塗り直され、鮮やかな色がよみがえった。

 近くの団体職員五十嵐寿行さん(56)は「以前のつり橋は川が増水すると通れなくなり、対岸の子どもたちが学校に登校できないこともあった。月光川大橋が完成し、住民が安心して通れるようになった」と語る。

 ここ20年ほどの間、月光川の上流部分にある湧き水が口コミで広がり、水をくみに来る人で交通量が増えた。年間を通して県外ナンバーの車も通るようになったという。

 NPO法人遊佐鳥海観光協会によると、秋になると橋の周辺は紅葉に染まり、同時に鳥海山も一望できるという。五十嵐さんは「梅雨の景色もなかなかだよ。雨によって、木々や赤い橋がぼんやりと見えるのも風情がある」と語った。

2011/01/17掲載
下流へ
[PR]
[PR]