やまがた橋物語

>>山形新聞トップ >>やまがた橋物語 >>最上川第2部 竜神の吊り橋(村山)

最上川第2部[9]

◆竜神の吊り橋(村山)

竜神の吊り橋(村山)の写真 最上川に架かる橋としては珍しい歩行者専用の竜神の吊り橋=村山市

 竜神の吊(つ)り橋は、村山市の大槇と河島の両地区を結ぶ長さ約百六十メートル、幅約一・五メートルの歩道橋だ。右岸には、芋煮会やバーベキューなどができる広場があり、多くの市民が集うスポットとなっている。

 水に親しむ空間をつくる最上川ウオーターフロント構想の一環として河島の元杉島集落にできた、農機具や民具などを展示する市農村文化保存伝承館、そば打ちができる農村伝承の家の完成に合わせ、一九九三年に架けられた。橋の名前は、河島地区にある、竜神を祭る八大竜王神社に由来する。

 周りの景観に溶け込んだ白いつり橋は“絵になる風景”でもあり、写生グループが訪れスケッチするなど、憩いのスポットにもなっている。

 市農村文化保存伝承館の小野松悦副館長(52)は「つり橋を歩いていると、泳いでいる魚が見えるくらい水が澄んでいる。晴れた日には葉山もきれいに見え、景色の良い場所」と話す。

 同伝承館周辺には、スキー場や農業体験ができる最上川ふるさと農園などがあるほか、毎年十月には、一度に三百三十人がそばを味わう「日本一の長板そば三十三間堂」が開かれるなど、季節を問わず人々が訪れ、にぎわいを見せる。

2007/03/15掲載
下流へ上流へ
[PR]
[PR]