やまがた橋物語

>>山形新聞トップ >>やまがた橋物語 >>最上川第2部 隼橋(村山)

最上川第2部[5]

◆隼橋(村山)

隼橋(村山)の写真 ハヤブサのモニュメントが目を引く隼橋=村山市

 最上川舟運時代に三難所と呼ばれた「碁点、三ケ瀬、隼(はやぶさ)」。その「隼」にちなんで名付けられたのが村山市の隼橋。約四キロ上流には急流の「隼の瀬」があり、大空を飛ぶハヤブサが橋のシンボルだ。

 名取と富並の両集落を結ぶ隼橋は長さ百七十一メートル。現在、三代目の橋で一九九八年十月に完成した。初代は木造(三〇年完成)、二代目は部材を三角形に組んだ鋼トラス(五四年完成)で、ともに昭和橋と呼ばれた。

 近くの自営業渡辺進さん(70)=同市名取=は振り返る。「昭和橋の架設工事では作業員として二年間働いた。木造の橋が老朽化し危険だったため、新しい橋ができるとあって集落は大喜びだった。車社会の到来に伴い、車道が狭いため車同士が擦れ違うことはできず、互いに譲り合って通行していた」

 隼橋は、道路改良工事を含め、八年の歳月をかけて完工。幅員は一二・五メートルと約三倍に広がり、両側に歩道も設置された。「去年、朝の交通量を調査したとき、一時間で約六百台の車が通った。尾花沢、大石田方面からの通勤道路になっている」と渡辺さん。

 隼橋の親柱にハヤブサのモニュメントが四基。照明灯もハヤブサをデザインした。オレンジ色の光を放ち、川と道路の安全を見守り続けている。

2007/03/09掲載
下流へ上流へ
[PR]
[PR]