やまがた橋物語

>>山形新聞トップ >>やまがた橋物語 >>最上川第1部 出羽大橋(酒田)

最上川第1部[1]

◆出羽大橋(酒田)

出羽大橋(酒田)の写真 最上川の最も河口に近い所に架けられた出羽大橋はスワンパークの目の前=酒田市

 日本海に注ぎ込む最上川には、道路橋だけで七十以上の橋が架けられている。その中で河口に最も近い橋が、酒田市の国道112号「出羽大橋」。全長八百十七メートルを誇る橋の上流にはスワンパークがあり、この季節、天気のよい週末は親子連れなどでにぎわう。

 かつて、酒田の町中から川南の袖浦地区に行くには渡し船に乗るか、上流側の両羽橋を迂回(うかい)するしかなかった。その不便を解消しようと、一九七二(昭和四十七)年に現在の橋が開通した。

 しかし、時代とともに朝夕の混雑がひどくなる一方。また、山形自動車道酒田インターチェンジや庄内空港などとのアクセス強化のため、一九九五年度から現在の橋の下流側で全長八百六十一メートルの新たな橋の建設が進められている。二〇〇七年度末に予定される開通後は県内最長の橋となる。

 新橋が開通すると、現在の橋は通行止めとなりリニューアル工事に入る。すべての作業が終われば、新橋は鶴岡市から酒田市中心部へ、現在の橋はその逆方向へのルートとして全面開通する予定だ。

2007/01/09掲載
上流へ
[PR]
[PR]