県内企業ニュース

【イベント】UIターンを促進、県と駒沢大が協定

 県は20日、駒沢大(長谷部八朗学長)と学生のUIターン就職促進に関する協定を締結した。県と大学が連携し、学生、保護者に対して県内の企業や生活情報を提供し、本県での就職を促していく。

 他に▽学生のUIターン就職に関する情報交換や実績把握▽学生のインターンシップ受け入れの支援-などに関しても連携する。

 この日、県東京事務所の渡辺将和所長らが東京・世田谷の駒沢大駒沢キャンパスを訪れ、吉村美栄子知事と長谷部学長が記名、押印した協定書を猿山義広副学長に手渡した。

 県が同様の協定を結ぶのは東海、神奈川、専修、大東文化、日本、明治、国士舘の各大学に続き8例目。5月1日現在で駒沢大の本県出身学生は101人という。


(2017年11月21日付山形新聞掲載)

→県内企業ニュース一覧に戻る

まずは会員登録を
ダイヤモンド就活ナビ2018
まずは会員登録を
ダイヤモンド就活ナビ2018