県内企業ニュース

【イベント】41社が魅力をアピール

 県内企業と県内外の大学などとの情報交換会が16日、山形市のホテルメトロポリタン山形で開かれた。県内から製造業やサービス業など41社が参加し、大学の就職担当者らに自社の強みや魅力をアピールした。

 5回目の今回は昨年に引き続き県内で開催し、参加企業数は過去最高となった。大学側は高等専門学校を含め県内や東北各県、首都圏から31校が集まった。企業、大学側とも相互にブースを訪れるなどして情報交換。県内企業は自社製品の特徴や「子育てサポート企業」の認定を受けている点などを紹介していた。

 県内の製造業者は「今のところ希望人員は採用できているが、人口減少や人手不足で応募総数は減っている。多くの大学と接点をつくりたい」、首都圏の大学担当者は「地方創生の観点からUIターン促進に力を入れている。山形県の企業と縁を深め、多くの学生に情報提供したい」などと話していた。情報交換会は県内企業の人材確保などを目的に県が毎年開催。1~3回は仙台市で行った。


(2017年11月17日付山形新聞掲載)

→県内企業ニュース一覧に戻る

まずは会員登録を
ダイヤモンド就活ナビ2018
まずは会員登録を
ダイヤモンド就活ナビ2018