2016年 県内十大ニュース

 山形新聞が選んだ2016年県内十大ニュースの1位は「新庄まつり山車(やたい)行事」を含む全国の「山・鉾(ほこ)・屋台行事」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された快挙に決まった。2位は天皇、皇后両陛下を迎えて開催した「第36回全国豊かな海づくり大会」。交通死亡事故数は29日現在、過去最少ペースとなっていることが7位に入り、都市対抗野球大会で、きらやか銀行が県勢初の初戦突破を果たしたこともベストテン入り。一方、公務員や議員らによる不祥事、犯罪も目立った年だった。

新庄まつりがユネスコの無形文化遺産に

新庄まつり山車行事が無形文化遺産に登録された。市民は継承への決意を新たにした=8月25日、新庄市 新庄まつり山車行事が無形文化遺産に登録された。市民は継承への決意を新たにした=8月25日、新庄市

国連教育科学文化機関(ユネスコ)政府間委員会は1日、「新庄まつり山車(やたい)行事」など18府県33件の「山・鉾(ほこ)・屋台行事」を無形文化遺産に登録することを決めた。人口減少が進む中、市民はまつりの保全、継承への決意を新たにした。外国人を含む観光客の増加、地域活性化につながることが期待される。

天皇、皇后両陛下を迎え全国豊かな海づくり大会

全国豊かな海づくり大会で稚魚を放流される天皇、皇后両陛下=9月11日午後3時53分、鶴岡市・鼠ケ関港 全国豊かな海づくり大会で稚魚を放流される天皇、皇后両陛下=9月11日午後3時53分、鶴岡市・鼠ケ関港

水産業の振興などを目的に9月10~12日、天皇、皇后両陛下を迎え、「第36回全国豊かな海づくり大会」が本県で初開催された。天皇陛下が退位の実現に向け、お気持ち表明後、初の地方公務。両陛下の本県での公務は2002年の全国植樹祭以来14年ぶりだった。

参院選で初の18歳選挙権。舟山康江氏が返り咲き

参院選で適用された「18歳選挙権」。県内各地で選挙啓発講座が開かれた=4月、天童市・山形電波工業高 参院選で適用された「18歳選挙権」。県内各地で選挙啓発講座が開かれた=4月、天童市・山形電波工業高

第24回参院選が6月22日公示、7月10日投開票の日程で行われた。県内各地で「18歳選挙権」の取り組みが展開され、本県の投票率は18歳が52.06%で全国11位、19歳は39.56%で全国18位。県選挙区では野党統一候補の舟山康江氏が返り咲きを果たした。

阿部賢一県議が政務活動費不正支出で辞職

政務活動費の不正支出問題で記者会見する阿部賢一県議(中央左)=山形市・山形グランドホテル 政務活動費の不正支出問題で記者会見する阿部賢一県議(中央左)=山形市・山形グランドホテル

9月18日付の本紙で、阿部賢一県議(64)=西村山郡区選出=の政務活動費の不正支出疑惑を報道。2日後、阿部議員は辞職願を提出した。飲食を伴う会合や日用品購入などに605万円を支出したことが判明。県議会は刑事告発を検討したが、見送られた。

都市対抗野球で、きらやか銀が県勢初の初戦突破

都市対抗野球大会で初戦を突破し、喜びを爆発させるきらやか銀行ナイン=7月19日、東京ドーム 都市対抗野球大会で初戦を突破し、喜びを爆発させるきらやか銀行ナイン=7月19日、東京ドーム

県勢66年ぶりに都市対抗野球大会に出場したきらやか銀行(山形市)。1回戦でパナソニック(大阪府門真市)と対戦し、延長十三回タイブレークの末に4-3で競り勝ち、初勝利を飾った。県勢の初戦突破は初。2回戦で惜敗したが、全国区で力を示した。



汚職、児童買春、無資格職員…公人の不祥事相次ぐ

自衛官の飲酒運転、教員の盗撮、町職員の着服…。公人の不祥事が続いた。2月には50代の女性高校教諭が32年間無免許で指導していたことが発覚。11月は農林水産省職員が加重収賄容疑で県警に摘発された。今月は村山市議が児童買春容疑で逮捕され、辞職した。

交通事故の死者、過去最少に

交通安全対策などが奏功し、交通事故の死者数が過去最少ペースとなっている=山形市役所前 交通安全対策などが奏功し、交通事故の死者数が過去最少ペースとなっている=山形市役所前

県内の交通事故死者数は29日現在28人。1949(昭和24)年の36人を下回り、過去最少となる見通し。発生が減る一方、高齢運転者の輪禍が目立った。改正道交法が来年3月施行される。免許返納者の代替交通の充実など社会を挙げた対応が求められている。

加藤紘一、近岡理一郎両元衆院議員が死去

衆院選で加藤紘一氏(左)を支援する近岡理一郎氏=2003年11月、新庄市 衆院選で加藤紘一氏(左)を支援する近岡理一郎氏=2003年11月、新庄市

閣僚などを歴任した元自民衆院議員の訃報が相次いだ。元党幹事長の加藤紘一氏は9月9日、77歳で死去。元科学技術庁長官の近岡理一郎氏は6月8日、89歳で亡くなった。一時代を築いた2人。2003年衆院選で近岡氏は退き、再起を期す加藤氏を支援した。

クマの目撃、食害最多に

クマ捕獲用の箱わなを山中に設置。全域で目撃、出没数が過去最多となった=山形市・盃山の東側 クマ捕獲用の箱わなを山中に設置。全域で目撃、出没数が過去最多となった=山形市・盃山の東側

クマの目撃が夏ごろから異常なペースで増えた。県警によると、27日現在、574件で、前年比約2.5倍と過去最多。クマによる食害も多発し、統計を取り始めた2009年以降で最多の84件だった。民家に侵入するケースもあり、各地で警戒態勢が敷かれた。

10技能五輪、アビリンピック。本県で初開催

本県初開催の「やまがた技能五輪・アビリンピック2016」では若手技能者が日ごろ磨いた技術を競った。写真はメカトロニクス競技=山形市 本県初開催の「やまがた技能五輪・アビリンピック2016」では若手技能者が日ごろ磨いた技術を競った。写真はメカトロニクス競技=山形市

本県初開催の「やまがた技能五輪・アビリンピック2016」が10月、天童市などで開かれた。技能五輪は3人が金賞を獲得し、団体も3位に入るなど過去最高の成績。アビリンピックも金賞に2人が輝くなど大きく躍進し、ものづくり県を強くアピールした。

次点リオ五輪競泳男子平泳ぎで小関也朱篤選手(鶴岡市出身)が出場全種目入賞

リオデジャネイロ五輪で競泳男子平泳ぎの小関也朱篤選手(ミキハウス・羽黒高出)が出場全種目で入賞した。200メートル5位、100メートル6位、400メートルメドレーリレー5位。だがメダルに届かず本人は悔しそうな表情だった。地元鶴岡からは大きな声援が送られた。

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から