社説

竹田JOC会長退任表明 新体制への交代を急げ

 2020年東京五輪招致の贈賄疑惑で渦中にある日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が、理事会で退任を表明した。6月までの任期を全うした上で身を引く判断だが、疑惑のため国際会議の出席を控える竹田氏がさらに3カ月居続けるのは疑問である。五輪へのマイナス影響を考えれば、早期の辞任と新体制への移行が必要だろう。

 JOCは五輪競技を束ねる組織であり、会長は日本の五輪の顔でもある。五輪のイメージダウンを気遣う国際オリンピック委員会(IOC)は水面下で懸念を表したといわれる。JOCは内向きの理論ではなく、スポーツと五輪へ向けた内外の視線、何が大義かを考慮して行動しなければならない。

 スポーツ庁は今春、企業統治に倣った「ガバナンスコード」を制定し、スポーツ界で続いた不祥事からの脱却と再出発を図る。その意味でもスポーツ界のかじ取りは新たな会長に委ねるべきだろう。JOCは清新なリーダーの下で刷新に向かってほしい。

 東京五輪招致を巡る疑惑で、フランス司法当局は昨年12月に竹田氏を贈賄容疑者として正式捜査を開始した。疑惑は、竹田氏が理事長だった東京五輪招致委員会が、開催都市を決める13年のIOC総会前にシンガポールのコンサルタント会社と契約し、2億円余りの契約金の一部が国際陸連会長でもあった当時のIOC委員の息子に流れ、IOC委員の票取りまとめに使われたのではないかというものだ。

 竹田氏は1月に開いた記者会見で疑惑を否定したが、一切の質問を受け付けず、説明責任を十分に果たさなかったことで批判を浴びた。

 また、潔白の主張の背景に、JOCが設けた外部委員会の調査が違法性はないと結論づけたことを挙げる。だが、この委員会はコンサルタントの聞き取りはできず、資金の流れの解明もできなかった。潔白の論拠とするには無理がある。

 JOC内部には「選任時70歳未満」という役員の定年ルールを変えてまで、竹田氏の会長職延長を図る動きがあった。疑惑を抱えた長期政権は社会の理解を得られまい。スポーツに国民が期待するのは、クリーンさや公正さである。そのリーダーには自らを律する資質が強く求められる。

 竹田氏は東京五輪招致成功の立役者の一人であり、五輪をJOC会長で迎えたい意向は強かったという。本人の無念さは分からないでもない。またグレーなのは、竹田氏だけなのか疑念も残る。

 問題の根底に五輪招致にカネがついて回る点がある。02年ソルトレークシティー冬季大会ではIOC委員への大量買収工作が発覚し、これを機にIOC委員の招致都市訪問は禁じられた。

 代わりに都市と委員との接点としてコンサルタントが存在感を増した。16年リオデジャネイロ夏季大会でも今回同様の構図で買収疑惑が起こった。

 夏季冬季両大会がある五輪は、2年ごとに必ず開催都市が決まる。IOCは中長期計画「アジェンダ2020」でコンサルタントの登録制と監視を掲げた。一層の透明性確保が課題だ。

(2019/03/20付)
最新7日分を掲載します。
  • 3月20日
  • 竹田JOC会長退任表明 新体制への交代を急げ

     2020年東京五輪招致の贈賄疑惑で渦中にある日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が、理事会で退任を表明した。6月までの任期を全うした上で身を引く判断だが、疑惑のため国際会議の出席を控える竹田氏がさらに3カ月居続けるのは疑問である。五輪へのマイナス影響を考えれば、早期の辞任と新体制への移行が必要だろう。[全文を読む]

  • 3月19日
  • ニュージーランド銃乱射 憎悪の連鎖を防ぎたい

     ニュージーランド南島の最大都市クライストチャーチのモスク(イスラム教礼拝所)で起きた大規模な銃乱射テロ事件は世界を震撼(しんかん)させた。恐怖を拡散させる暴力を強く非難するとともに、国際社会が一致して、憎悪の連鎖を許さない決意を新たにすることを求めたい。[全文を読む]

  • 3月18日
  • 景気後退の可能性 細心の政策運営必要だ

     「いざなみ景気」を抜いて、景気拡大期が1月に戦後最長を更新した―とする政府見解に疑問符が付いた形だ。[全文を読む]

  • 3月16日
  • モンテ・ホーム開幕戦 いい流れをつなげよう

     サッカーJ2・モンテディオ山形は17日、いよいよホーム開幕戦を迎える。待ちわびているサポーターも多かろう。ここまで3試合を終え2勝1敗。2連勝のいい流れで地元初戦に臨む。熱い声援で勝利を後押しし、J1昇格に向けてスタートダッシュを確実なものにしたい。[全文を読む]

  • 3月15日
  • 安倍総裁4選論 他に逸材はいないのか

     安倍晋三首相の党総裁連続4選を認める発言が自民党の二階俊博幹事長らから相次いでいる。安倍首相は14日の参院予算委員会で「党則で禁じられている。ルールに従うのは当然だ」と述べ沈静化を図ったが、野党には1強体制が6年以上続いた安倍政権に対する批判と警戒が広がる。しかし、分立して多弱のまま政権に緊張感を与えることができない野党にも責任があろう。[全文を読む]

  • 3月14日
  • 大阪ダブル選 身勝手な奇策でないか

     大阪府、大阪市の首長を同時に選ぶダブル選挙が4月7日に行われる見通しとなった。松井一郎知事と吉村洋文市長がともに辞職願を提出、住民投票で一度否決された大阪都構想の実現のため松井氏が市長選、吉村氏が知事選に入れ替わって挑むという。[全文を読む]

  • 3月13日
  • コンビニ24時間営業 この便利さは不可欠か

     私たちも生活を見つめ直すいい機会だろう。コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパンが、24時間営業見直しの実験を始める。深刻な人手不足に苦しむフランチャイズ(FC)加盟店の要望に対応せざるを得なくなった。問題の根本は、いつでも店が開いているという便利さが本当に必要かどうかということだ。サービスの在り方を幅広い視点から考え直したい。[全文を読む]

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から