世界選手権に派遣せず スピードスケート

11/25 18:14

 日本スケート連盟は25日、オランダのヘーレンフェインで来年2月11〜14日に開催されるスピードスケートの世界選手権への選手派遣を見送ると発表した。新型コロナウイルスの感染を懸念し、24日の理事会で決定。これにより、日本勢は今季の主要国際大会には出ないことになった。

 国際スケート連盟(ISU)は当初、世界選手権を2022年2月の北京五輪のテスト大会として来年2月に計画していたが、コロナ禍の影響で北京開催を断念。代替地を模索し、24日にヘーレンフェインでの実施を発表した。

 各地を転戦するワールドカップ(W杯)は年内の4戦が全て取りやめになっている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]