国内外ニュース

腹腔鏡手術の支援システム開発 AI生かし切除対象判別

2019年01月19日 09:01
PR
 大分大医学部を中心とする研究グループは、腹腔鏡を使った胆のう摘出手術で切除する器官や部位を見分けて映像に表示するシステムの開発を進めており、このほど検証実験に成功したと明らかにした。人工知能(AI)を活用しており、臨床現場で2年後の実用化を目指す。

 このシステムは、腹腔鏡を通じてモニターに映し出した体内の様子に、胆のう摘出時に切除する胆のう管とそれ以外の隣接器官を判別して指し示す四角形の囲いを、目印として重ねて示すもの。

 研究グループは、大分大と福岡工業大、光学機器大手オリンパスからなり、システムの特許を出願している。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から