入院拒否の懲役、罰金削除で合意 与野党、行政罰に変更

1/28 13:31
 会談に臨む自民党の森山国対委員長(左)と立憲民主党の安住国対委員長=28日午前、国会

 自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は28日、国会内で会談し、新型コロナウイルス特別措置法と感染症法の改正案修正を巡り、感染症法改正案に導入された入院拒否者らへの刑事罰を削除することで合意した。行政罰の過料に変更する。特措法改正案で規定する営業時間短縮命令に従わない事業者への過料は、金額を引き下げる方向で検討する。緊急事態宣言の前段階となる「まん延防止等重点措置」を発令する際の国会報告を政府に要請することも確認した。

 入院拒否者に対する「1年以下の懲役か100万円以下の罰金」と、疫学調査拒否者に対する「50万円以下の罰金」を過料に修正する。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 会談に臨む自民党の森山国対委員長(左)と立憲民主党の安住国対委員長=28日午前、国会
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]