コロナ、脱炭素対応で連携確認 日米首脳が初電話会談

1/28 11:21
 菅義偉首相、バイデン米大統領(ロイター=共同)

 菅義偉首相は28日未明、バイデン米大統領と初の電話首脳会談を行った。日米同盟を強化し「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け緊密に連携する方針を確認。新型コロナウイルス対策や脱炭素を巡る協力も申し合わせた。バイデン氏は、沖縄県・尖閣諸島が米国による防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象だと改めて明言した。コロナ禍で開催が不安視される今夏の東京五輪・パラリンピックは話題にならなかった。

 会談は約30分間。首相は28日の参院予算委員会で「バイデン氏と個人的な信頼関係を構築しながら、緊密に連携を取り、国内外の問題を前に進めたい」と強調した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 菅義偉首相、バイデン米大統領(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]