枝野氏、全国行脚で新党PR 立憲民主、政策浸透に躍起

9/21 19:14
 大阪市で街頭演説する立憲民主党の枝野代表=21日午後

 立憲民主党の枝野幸男代表が、合流新党の党首として全国行脚に乗り出した。21日は大阪府を訪れ、新型コロナ対応の現場視察や街頭演説を実施。次期衆院選に向けて新党結成をアピールする狙いがある。だが現在のところ、菅内閣発足に埋没気味で有権者の期待は高まっていないのが現状。自民党に代わる選択肢として党の政策を浸透させるのに躍起だ。

 枝野氏は大阪市での街頭演説で「自己責任や競争ではなく、支え合う社会をつくろう」と述べ、時限的な消費税減税や生活困窮者への現金給付、医療従事者らの賃上げを提唱。菅義偉首相が掲げる「自助・共助・公助」の理念を踏まえ自民党との違いを強調した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 大阪市で街頭演説する立憲民主党の枝野代表=21日午後
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]