玄海原発3号機設備で火災 定期検査中、炉に影響なし

9/24 17:51

 24日午後1時40分ごろ、定期検査中の九州電力玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の屋外に設置された仮設電源盤に接続しているケーブルから火や煙が出ているのが見つかった。九電によると、消防が約1時間後に鎮火を確認した。3号機の原子炉施設や、運転中の4号機に影響はないという。作業員にけがもなかった。

 九電が原因を調べている。3号機は今月18日から定期検査に入っており、電源盤やケーブルは検査作業に必要な電源を供給するための設備。11月下旬に原子炉を起動して発電を開始し、12月下旬ごろに営業運転を再開する見通し。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]