台風、383避難所で定員超過 10号、コロナで収容制限

9/23 19:44

 今月上旬に九州を襲った台風10号に関し、内閣府は23日、自治体が開設した5132カ所の避難所のうち、383カ所で収容人数を超える住民が集まったと発表した。新型コロナウイルス感染を防ぐため、収容人数を減らしたことが影響した。台風シーズンが到来しており、内閣府は同日付で避難所の増設などを自治体に呼び掛けた。

 山口、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島の8県を対象に調査し、236市町村が回答。うち100自治体が「収容人数を超えた避難所があった」と答えた。要因として、新型コロナに加え「大型台風だったため、住民が従来の災害時以上に避難した」との指摘もあった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]