国内外ニュース

復興庁、被災地の資金繰り事例集 「クラウドファンディング」利用

2019年04月23日 14:59
PR
 復興庁はインターネットで資金を募る「クラウドファンディング」を利用し、東日本大震災の被災地で復興イベントの開催や新商品開発に成功した事例集を作成した。補助金などが減っても地域づくりや企業活動を継続できるよう、資金繰りの新たな手法を紹介するのが狙い。希望する団体に配る。

 同庁は昨年度、被災地の団体がこの手法を活用する際、マーケティングやウェブデザインの専門家から指導や助言を受けられる制度を創設。支援の対象になった80事業のうち、特徴的な11事業を取り上げた。

 復興庁は本年度も制度を続ける方針で、担当者は「新たな手法を広め、多様な事業を支えたい」としている。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から