国内外ニュース

太陽系外から彗星飛来か 史上2例目、12月最接近

2019年09月18日 09:34
太陽系外から飛来したとみられる彗星の画像。矢印の先に暗く写っている(ゲナディ・ボリソフ氏提供)
太陽系外から飛来したとみられる彗星の画像。矢印の先に暗く写っている(ゲナディ・ボリソフ氏提供)
 欧州宇宙機関(ESA)は18日までに、太陽系外から飛来した可能性のある彗星が見つかり、軌道を特定するため観測を続けていると発表した。確定すれば、太陽系外からの飛来天体は2017年にハワイの天文台が発見した「オウムアムア」に続き、2例目となる。

 8月30日に初めて見つかった。発見したアマチュア天文家の名前を取って「ボリソフ彗星」と呼ばれる。直径は数キロ。太陽に最も近づくのは12月上旬で、大型の望遠鏡なら来年10月ごろまでは観測可能とみられる。

 この彗星は時速15万キロほどで飛んでおり、どの恒星の重力にも捕らえられずに星間空間を旅しているらしい。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から