国内外ニュース

京都市、高さ規制を一部で緩和へ 建設ラッシュ、需要に対応

2018年11月16日 19:12
PR
 京都市が歴史的な景観を守る目的で導入した建物の高さ規制を、一部地域で緩和する方針を固めたことが16日、市への取材で分かった。外国人観光客の増加により宿泊施設の建設ラッシュが続く市中心部で、不足する住宅やオフィスの需要に対応する狙い。上限の31メートルは原則として維持する。

 市は2007年、屋外広告物の全面禁止や、新たな建物の高さ規制強化を盛り込んだ「新景観政策」を策定。エリアごとに6段階の高さ制限(10〜31メートル)を設けた。

 市が示した案では、JR丹波口駅の西側にある高さの上限が20メートルに定められた区域を例に、一定の条件の下で上限を緩和する。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から