国内外ニュース

北海道に観光列車導入を 国、JRの線路開放検討

2018年02月20日 20:51
PR
 国土交通省は20日、JR北海道の管内で、同社以外の鉄道会社などが観光列車を運行できる仕組みを検討すると明らかにした。線路を開放するJR北海道には線路使用料が入るメリットがあり、同社の経営再建を後押しする狙い。2019年度の運行開始を目指す。

 国内では、JR九州が「ななつ星in九州」、JR東日本が「トランスイート四季島」などの豪華寝台列車を運行し、人気となっている。北海道でも同様の観光列車を走らせることで、観光客や鉄道需要の増加につながると期待している。

 運行会社は公募で選ぶ方針で、国内の鉄道各社などのほか、海外企業からの応募も想定している。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から