国内外ニュース

紙原料でミルクおいしく 飼料活用目指す、日本製紙

2019年10月19日 14:52
 紙の原料となる木材チップから取れる繊維「セルロース」を処理し、乳牛に餌として与えると、生乳のコクが増したり生産量が増えたりすることが日本製紙の研究で分かった。繁殖成績が良くなる効果もみられた。紙の国内需要が低迷し製紙会社は多角化を模索しており、日本製紙は飼料としての活用を目指している。

 研究で与えたのは新たに開発した「高消化性セルロース」。牧草とトウモロコシに加えると、コクの深さの目安となる乳脂肪分の割合が約5%向上し、生乳の生産量も約7%増えた。牧草の一部と置き換えると、生乳の増加率は約10%に伸びた。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から