国内外ニュース

ジャイアント馬場ゆかりの品々 東京・新橋のカフェ&バルで展示

2020年03月31日 16:06
ゆかりの品々が展示されている「ジャイアント馬場バル」=東京・新橋
ゆかりの品々が展示されている「ジャイアント馬場バル」=東京・新橋
 1999年に亡くなった国民的プロレスラー、ジャイアント馬場さんの愛用品や写真を展示し、ゆかりのメニューを味わえるカフェ&バル「ジャイアント馬場バル」が東京・新橋にオープンした。馬場さんの親族で、開業に関わった緒方公俊さん(33)は「若い人にも馬場さんを知ってもらえるきっかけになれば」と話している。

 地下1階の店に下りる階段にはサングラスや靴といったプライベートで使った品がずらり。馬場さんが描いた絵や妻元子さんを思ってつづった日記も飾られ、リングを離れた素顔を垣間見ることができる。

 店内では高さ209センチの等身大フィギュアが出迎える。壁には元子さんの振り袖で作った試合用ガウンやチャンピオンベルトのレプリカ、現役時代の写真などを展示。往年の試合の映像も流している。

 元子さんは2018年に死去した。「ファンが馬場さんと触れ合える場所をつくりたい」という生前の願いをかなえようと、元子さんのめい緒方理咲子さん(62)と息子の公俊さんが、新橋を中心に飲食店を展開する会社の代表平野準さん(58)とタッグを組んだ。

 料理は馬場さんが好きだったメニューが中心。「元子式コンソメビーフシチュー」(3168円)は馬場家のおもてなしの定番で、レシピがなかったため緒方さん親子の記憶に残るイメージを、平野さんらが何度も作り直して再現。馬場さんの得意技「16文キック」にちなんだ「16文ハンバーグ」(同)は長さ38・5センチ、重さ700グラムのビッグサイズだ。

 展示品は季節ごとに入れ替える予定だという。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から