国内外ニュース

秀吉の初期検地帳見つかる、兵庫 織田政権下で希少

2019年03月26日 20:49
土地の面積などが記されている検地帳の写しのページ(兵庫県立歴史博物館提供)
土地の面積などが記されている検地帳の写しのページ(兵庫県立歴史博物館提供)
 兵庫県立歴史博物館は26日、豊臣秀吉が織田政権下で播磨国(同県南西部)を治めていた天正8(1580)年に家臣に作成させた検地帳の写しを発見したと発表した。豊臣政権での太閤検地帳は全国で数百件あるが織田政権での検地帳は今回を含め7例目。このうち秀吉が作成させたのは3例目で希少という。同館の前田徹学芸員は「後の太閤検地の成立過程を知る上で貴重だ」と話す。

 見つかったのは、天正8年10月24日付の「播磨国飾東郡緋田村」検地帳の写し。県内の古文書収集家が同館に寄託した。

 書体から同時代に村側が写し取ったとみられる。

 10月5日からの同館特別展で展示される予定。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から